プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第39首~③カナヤマヒコ カナヤマヒメ 

また出た!「カナヤマ」この示しに翻弄される私です。

 

 

 

カタカムナ第39首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第39首】

カムナガラ ヒノカカヒコ ヒノカクツチ 

イヤミソギムス カタカムナ

カナヤマヒコ カナヤマヒメ イヤミソギ

ハニヤス ヒコヒメ ミツハ ワクムス イヤミソギ

 

39首に示されている「イヤミソギ」三段階の二段目行くぞ~

 

◆一音一音の示し

カナヤマヒコ

  • カ(根源の力)
  • ナ(核、重要なもの、何回も、夥しい)
  • ヤ(飽和する、限界飽和、飽和安定+極限崩壊)
  • マ(間、真、現象界の間)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、ヒ粒子)
  • コ(転がり出入、コロコロ回転運動、繰り返す動き・働き)

「カナヤマヒメ」

  • カ・ナ・ヤ・マは上記に同じ
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、ヒ粒子)
  • メ(芽、目、思考、指向、渦の目)

では、ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆「カナヤマ」とは

カナヤマ…この解釈難しいんですよね。

日本神話ではカナヤマ彦=鉱山の神なのですが

マクロとミクロで2つの姿が同時に見えてくるので

「これだ!」にはまだ至らないわけです。

 

一音一音のヒビキから読み解くと

「根源の力(カ)が核となり(ナ)何度もカカワリを続け

飽和に至るまで大きく纏まり、大きなマトマリ=ヤマとなって」

と読み取れます。

 

加えて、カナヤマヒコが鉱山の神であることも考慮すると

例えば地球の内核とか、惑星のコアにある”鉄(金属)の核”のことじゃないか…と

思えてくるわけです。

 

解読の先輩方の中には

「カナヤマって恒星のことか?」と解読している方もいたりするので、

やはり、万物万象の個々それぞれが一つの間(空間)であり

小宇宙なんじゃないか…と思うに至った私です。

 

◆「ヒコ」~「ヒメ」(彦・姫)

日本神話の中では対を成す男女神(夫婦だったり兄妹だったり)

のことを「~彦」「~姫」と記されています。

 

つまり「ヒコ」と「ヒメ」は関係が深いわけです。

解読の先輩方の読みによると

  • ヒコ=現象化力(ヒのコ)=粒子化
  • ヒメ=ヒコに秘められる潜象徴の現象・生命の芽

とされていますが

 

最近の私のヨミでは、

※その前にこちらの動画をどうぞ


www.youtube.com

 

この中に「観測者が観測していない時(意識を向けていない時)」に

可能性として漂う潜象のナミ(波動)が出てきますが

この「可能性として漂う」ナミ(波動)=振動しながら漂うヒモ…これを「彦・ヒコ」

といっているんじゃないか、という思いが強くなっております。

 

「ヒメ」はヒコに込められた「核なる情報」というか

生命・現象の設計図(計画)のことなんじゃないか、と。

 

”カナヤマの「ヒコ」は、カナヤマの「ヒのメ」を秘めている”

ってことを踏まてウタの続へまいりましょう~♪

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村