プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険:カタカムナ】第4首~①イハトハニ(解読)

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

「イ」という音が示す世界が深いぜ~

第4首はいろいろな意味にとれる唄なのですが

総合すると、やっぱり1つの方向を指しているようです。

 

 

 

カタカムナ第4首を詠む

f:id:mousoumajyo:20210924170404j:plain

 

第4首を見ながら、声に出して詠んでみましょう♪

カタカムナ第4首】

イハトハニ カミナリテ

カタカムナ ヨソヤコト

ホグシウタ

 

5音づつ5節とリズムも詠みやすい唄になっています。

たぶん、カタカムナを読み解くとき

かなり個人差が出てくるのですが

その差が大きくなるのが第4首からではないでしょうか?

 

では、1節づつ意味を追っていきましょう☆

 

◆解読:イハトハニの1音毎の意味

f:id:mousoumajyo:20210924171626j:plain

一音づつの意味は、私がカタカムナに出会った最初の書を参考にしております。

 

 

ただ、深く意味を探る時は「カタカムナ 相似」で検索して出てくるサイトを参考に

させていただいております。

 

  • イ(伝わるモノ、陰、最初の粒子・ハジマリ)
  • ハ(正・反 引き合う)
  • ト(統合、重合)
  • ハ(正・反 引き合う)
  • 二(圧力、定着)

 

ここから意味を繋げて考えていきましょう。

イハトハニ

「イハがトハによってニされるのは」

 

◆「イハ」の示す深い世界

この先の唄を詠んでくと「イ」というのが

カタカムナ(宇宙の創造力)により生み出される

『生命体を構成する最小単位の極微粒子』

を示すことが見えてきます。

 

ここで重要なのは「生命体を構成する」最小単位の極微粒子

であるという点です。

カタカムナが説く「宇宙の創造の力」というのは

潜象の力(カタカムナ)が根源となっています。

 

創造の力の最初のハジマリは「ヒ」からなのですが

その「ヒ」が重合変還を繰り返して「イ」となります。

ちなみに今後「イは電気極微粒子」をさします。

 

だから「イハ=イの正反引き合う状態」とは

+と-の電気極微粒子の発生のことを示しているのです。

 

◆「イハトハニ」の解読~其の一

私の中で2通りの解読があるので、まずは1つ目を

「イハがトハに二される」

  • イハ(生命を構成する最小の極微電気粒子が正・反発生し)
  • トハ(正反親和重合、重合するものの正反によって)
  • 二(定着される)

 

ここでは「イ」を先に説明したように

”生命体を構成する最小単位の極微粒子(電気粒子)”

として読み解きしました。

 

ここでいう「生命体」とは現象界の万物万象すべてです。

 

◆「イハトハニ」解読~其の二

第4首で「ヨソヤコト」が出てきます。

この「ヨ」には「陽」という意味があり

「イ」には「陰」という意味が込められているので

この陰陽の視点からの読み解きも重要だと思うのです。

 

ここでは「イハトハニ」を「イ=陰」の重合と読んでいくと

”陰が引き合い重合・統合を重ね圧力が加わり【暗】ができる”

この「イ=陰」とは「陰の力」だと思われます。

 

私がカタカムナと出会うきっかけになったこちらの本で

 

カタカムナ研究家の吉野信子さんは

「暗から光が生まれる」と語られています。

これはカタカムナの「潜象界からすべては始まる」という示しと重なる気がします。

 

曼荼羅と光明真言からみても

黒(暗)から白(大日如来の間)に入り

そこから青(東)⇒黄(南)⇒赤(西)

と日の光の動きが示されるのです。

 

◆2つの読み解きを持って次へ

「イハトハニ」の読み解きを2つ持って

次の「カミナリテ」につなげていきましょう。

 

たぶん大きな意味で見られるようになった時

其の一と其の二の読み解きは自然と1つに見える

ようになるんだと思われます。

(またそこまで見えてないんですけど、予感がする)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村