プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第40首~③(イカツチヒビキ)マノネカタカムナ

私は以前「昔の人(古代人)が雷を見たら、神の怒りとか思うのなぁ」

なんて考えておりました…が、

カタカムナ=超古代日本人(仮)の解釈は

 

想像を遥かに超えたところにあったよ!!

 

 

カタカムナ第40首を詠む

声に出して、音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第40首】

カムナガラ トヨウケヒメヌ イカツチヒビキ マノネカタカムナ

イハサクネサク イハツツヲ マリツラネ ミカヒハヤヒヌ

ケイカツチ タケフツノムスビ

 

では、解読を進めていきます。

 

◆一音一音の示し

  • マ(間、真、現象界の間)
  • ノ(時間をかける、変遷する)
  • ネ(根、充電・充たす)
  • カ(根源の力)
  • タ(分かれ出る、独立発生)
  • ム(無、無限、広がり、六方環境から)
  • ナ(核、重要なもの、何度も、夥しい)

「マノネ」「カタカムナ」とはどんな意味か?

 

◆(イカツチヒビキ)マノネカタカムナ とは

イカツチのヒビキ」というのは

「現象界の間に変遷力をもたらす根」であり

それは「カタカムナの力(無限の根源力)」だよ~って、云うてる。

 

雷という驚異の現象の示し(解説)にもなっているので

イカヅチ=雷」のヒビキ(響き)

⇒トヨウケをヒメた潜象のイカヅチの響き(雷鳴)は現象の間にカム界の根源力をもたらす(チャージする)根で、それはカタカムナの力だよ~、と。

 

◆ヒビキ=響き&ヒビの発生

イカツチヒビキ=空に響きわたる雷鳴

のことだと思いますが

雷といえば「雷鳴」と「稲妻」ですよね。

 

私は最初、ヒビキで雷の音と光の両方を示しているのかと思っていたんです。

でも「トヨウケヒメヌ」の「ヌ」が掛ってるのと

雷って最初に「ゴロゴロ」のうねりがあって

ピカ(光)からのドーン!がくるので

イカツチヒビキ」ってのは最も不気味で不穏で恐怖を抱く

最初の「ゴロゴロ」のうねりが主体なんじゃないかと。

 

あの「ゴロゴロ」の時にピカ・ドーンの現象を練っている力が

「マノネ に働くカタカムナ」なんだぜ~って感じかな。

 

恐ろしいのは「カタカムナ人=超古代日本人(仮)」が

雷という現象を分子・原子・量子レベルで理解していたんじゃないか…っていうところなんです。

 

私は最近になって調べ、ゆっくり解説動画でその詳細を知った…のに。


www.youtube.com

 

第45首くらいまで読むと

その思いが強くなていくんですよね。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

雷神

雷神

Amazon