プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第7首⑤ミスマルノタマ(解読)

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

遂に第7首の最後の一節だぜ~

たぶんこの世界の法則・創造原理をこの第7首がたった33音で示している。

日本語すごいぜ~ 音の響きが連なり唄になり、そこに物理が込められている(?)

 

 

 

カタカムナ第7首を唄う

f:id:mousoumajyo:20211010162523j:plain

和歌・短歌・俳句をよく感じで

普通に詠むだけで唄っぽくなります(^^)

 

カタカムナ第7首】

マカタマノ アマノミナカヌシ

タカミムスビ カムミムスビ

ミスマルノタマ

 

勾玉の 天之御中主 高御産巣日 神産巣日  

ときて最後に「ミスマルのタマ」と結んでいるのだ。

 

陰陽の勾玉と造化三神の関係を解く最後の一節に注目ですっ

 

◆「ミスマルノタマ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211015145016j:plain

  • ミ(光、実体、実、身、生命力の実質)
  • ス(一方へ進む、透けた目に見えぬ状態、渦の持つ推進力)
  • マ(間、真、現象の間、空間、受容)
  • ル(留まる、止まる、湧きだす)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • タ(分かれる、独立発生、正反親和の状態で発生)
  • マ(間、真、現象の間、空間、受容)

日本語の感覚として

「ミスマル  ノ  タマ」と音のまとまりになっていると思われる。

「ミスマルのタマ」ってことですかね。

 

◆「ミスマル の タマ」で解読

「ミスマルのタマ」とは何ぞや?

前の部分を考慮すれば

●マカタマ ノ

「陰陽の勾玉=生命の源」

「現象の間に現れた根源の力」

が変換した

●アマノミナカヌシ 

「万物万象を生み出す根源の力(宇宙の根源創造力)」

というのは

タカミムスビ カムミムスビ

「現象化の力」と「潜象の生命力」の2つの生成力が

重合したもので

それは「ミスマルのタマ」である。

と唄っている。

「その実体は透けて目には見えないが

間に留まり回転運動をするミの球(粒子)」だと云っている。

 

◆第80首に向かいどんどん理解が深まっていく

今は「ぼんやり」しているかと思いますが

唄を詠み進めていくと

だんだんと「何を云っているのか?」

もっとはっきりと見えてきます。

 

すべては「タカ・カム」の根源の力

左旋と右旋の重合からはじまるの

f:id:mousoumajyo:20210919165322j:plain

 

そして万物万象の創造の中心にも、生成された万物万象の中心にも

「アマノミナカヌシ」が目には見えないが内奥に潜在しているという。

 

f:id:mousoumajyo:20210917161523j:plain

それは「カ」+「ミ」であり

f:id:mousoumajyo:20210917152900j:plain

こちらを回転運動させた時に現れる「中心点」でもあるらしい。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村