プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女のつぶやき】愛と金と婚活:外資系金融マンを狙う女性へ~これから狙うなら「ここ」1本勝負よ!

f:id:mousoumajyo:20190218104408j:plain

外資系金融マンを狙う女性はφ(..)メモメモよ

私はこの自分の人生ゲームの主人公の座を捨てる気はなく、

婚活はもはやしておらず自分の好きに冒険する気でいるのですが

「人生ゲームの攻略法」を研究していたら「お金ステージ」の方で

面白い情報を得たので良かったらお役立て下さい。

 

 

婚活女性や恋活・婚活アプリでは人気の高い

外資系企業勤めの男性」

たぶん年収が高いイメージだからよね。

 

そのためか?

ナンパ塾や男性のモテコンサルなどでは

Googleの名刺作ってコリドー街にいけ!」なんて教えもあるようです。

 

そんなんでひっかる女いるのかよ?!

と思った私ですが、実際googleの名刺に食いつく女性を見たので

不誠実で詐欺だけど戦術としては間違いではないのかぁ!!と思った。

気持ち、私の負けね。

 

女性が年収の高い男性を狙うのは「将来安心」だからでしょ。

デキる男が好きってのもあるわね。

 

そんでね、私が読んだこちらの本の中で

 

Dr.苫米地式資産運用法なら誰も絶対にrichになれる

Dr.苫米地式資産運用法なら誰も絶対にrichになれる

 

 

  1.  ゴールドマン・サックス
  2. JPモルガン
  3. シティバンク

という3大外資系金融の中で「これから」の将来性で一番のおすすめが判明したわ。

 

外資系金融に勤める」という視点でも活かせる話だと思うので

自分で働く場合の参考にもしてね。

 

苫米地氏曰くゴールドマン・サックスだってよ!

 

その理由がこちら

ゴールドマン・サックス

JPモルガン

シティバンク

 

どれもロックフェラー家や

その関係家族がオーナー。

 

ロックフェラー家3代目当主が高齢となり

4代目とされるJ.ロックフェラーの

ゴールドマン・サックスにのるのが今後の得策。

 

Dr.苫米地式資産運用法なら誰も絶対にrichになれるより

 

というコトらしいです。

なるほどね。

 

※そして苫米地氏のこの本より後

2017年に3代目デイビット・ロックフェラー氏が

101才で死去されました。

お冥福をお祈り申し上げます。

 

外資系金融マンを狙う女性は是非頑張って!

素敵な関係のパートナーになってね。

ピョートルさんが「日本人女性のサポート力は世界で通じる(活躍できる)」って

本に書いてたよ。

 

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

 

 

 

 

ロックフェラー家とかに関係する情報を読むだけでゾクゾクするわね。

私はこっちの「影の支配者」一家に興味津々だわ。

 

ロックフェラー お金の教え

ロックフェラー お金の教え

 
ロックフェラー回顧録

ロックフェラー回顧録

  • 作者: デイヴィッドロックフェラー,David Rockefeller,楡井浩一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 34回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 
知られざる世界権力の仕組み[上] ロスチャイルド&ロックフェラー帝国の全貌

知られざる世界権力の仕組み[上] ロスチャイルド&ロックフェラー帝国の全貌

  • 作者: ユースタス・マリンズ,天童竺丸
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2017/12/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
ロックフェラーの完全支配 ジオポリティックス(石油・戦争)編 (超知ライブラリー)

ロックフェラーの完全支配 ジオポリティックス(石油・戦争)編 (超知ライブラリー)

 
ロックフェラーの完全支配  マネートラスト(金融・詐欺)編 (超知ライブラリー)

ロックフェラーの完全支配  マネートラスト(金融・詐欺)編 (超知ライブラリー)

 
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)

 

 

気になる本が多すぎる問題(^^;)

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村