プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ルーシー(LUCY):感想・考察~人は100%脳が覚醒したらどうなるのか?

LUCY/ルーシー (字幕版)

ルーシーの脳の覚醒度合いによって

どんな能力が目覚めるのかをわかりやすく見せてくれています。

めっちゃ興味深い内容でした!!

 

 

 

 

 

映画 ルーシー(LUCY)~あらすじ

台湾の夜、羽目を外して遊んでいたら

変な男に関わってしまい

韓国マフィアの新型ドラックの運び屋にされてしまったルーシー

 

母体の中でわずかに生成される

胎児の爆発的成長速度を支える成分を

製薬化した夢のドラッグ「CPH4」が密かに完成していた。

 

「CPH4」は人間の脳の潜在能力を極限まで高め解放することができる劇薬。

そんな薬をルーシーは袋ごと体内に埋め込まれ

海外に運ばねばならなくなってしまう。

 

ところが、途中別のマフィアに捕まり

暴行を受け体内にあったCPH4の袋が破け

劇薬を大量に摂取してしまう。

 

ルーシーの脳はもの凄い速さで覚醒していき

超人的な能力を持つようになっていく。

自分の中で起きている変化と

これから自分に起きる変化を悟った彼女は

残りの運び屋が持っている「CPH4」の回収に向かう。

 

同時に彼女はノーマン博士と接触を測り

覚醒した自分が何を成すべきかの答えを探す。

 

脳が100%覚醒したルーシーは一体どうなってしまうのか!?

 

※以下、ネタバレ有の感想・考察となります

 

◆現実味ある覚醒した人間の能力描写

人間の脳は5~10%しか使われていないと云われていますが

では「脳を100%覚醒させたらどうなるの?」という疑問に

この映画なりのはっきりした答えを見せてくれています。

 

覚醒度20%で、あらゆる情報にアクセス&理解できるようになり

覚醒度40%~60%で電気・磁気など操作できるようになり

物体・物質・生命体を意のままに操れるようになり

その先は、自らが「物体・物質」としての呪縛から解放されるようです。

 

ほほ~

90~100%でアカシックレコードに接続でき、

さらには多細胞態からエネルギー態へ統合していき「進化」を成すようです。

 

カタカムナでいうところの「カ・ヒ・ミ」の力粒子になり

この現象界の空間と一体になるようです。

空間と一体というよりは空間に満ちている潜在のエネルギー粒子になって

広がっているといったほうが正しいかな。

 

空気中にも漂ってるし、

ネットの中にも漂ってるし

この世界の五どこにでも「いる・在る」状態に!!

 

◆100%覚醒ルーシーと人類の祖LUCY

個人的に印象深かったのは

猿~人類への空白の進化の部分に

100%覚醒した未来人ルーシーが古代に飛び

人類の祖となるルーシーと接触し智を送信したこと。

 

あながち人類の誕生や文明の影に

未来からの干渉なくも無いなぁ…なんて思えたり。

 

100%脳が覚醒したルーシーが「神」かというと

そんな感じでもなくやっぱり「未来人」どまりなんですよね。

神という存在はもっと遥か上の存在(意識・意志)なんでしょうね。

それは何となく感じた。

 

◆脳の覚醒に肉体が耐えられない

なんで人間の脳が100%覚醒状態にならないかというと

肉体・精神と物質世界がそれに耐えられないからのようです。

 

現象界の秩序を保つためにも

我々は脳の活動を制御されているようです。

それが自分自身の安全装置にもなってる。

 

現象界(この宇宙)も我々も徐々に覚醒には向かっていて

まだまだその途中なんじゃないかと。

ワクワクしてきたぞっ

 

◆「時間」が存在を支配している!?

覚醒したルーシーが語った

この世界の仕組みで気になったのがこれです。

 

「時間が存在を支配している」

私はこの言葉を聞いて

自分の中にある「この世界の解釈」の一部に

大きな間違いがあったことに気が付いた!

 

あ!!!

カタカムナの「アマ現象界」でまずは「オホ」が重要なのか?

”根源の力が現象化の間(環境場)にまずは練り込まれる”

と解釈していたのですが

そもそもの最初の「フトマニ」は

カムウツシされた「現象化の間そのもの」なんじゃないか!と。

 

ミクロの潜象粒子ばかりを「ハジマリ」として追ってましたが

そもそも初めの生成物は「現象界の間=時空間」そのものの方じゃないかって。

 

「時間」についてはエメラルド版でトートがまた

意味深なこと語ってくれてます(^^;

 

もう一度みたい映画です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村