プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】デッドガール~感想:監禁された女を巡る男たちの支配・所有・残虐・恋愛

デッドガール (字幕版)

ええええええっ!?

思った通りの展開と予想外の展開が入り混じった映画です。

廃精神病院の地下で見つけたのは監禁拘束された裸の女性

彼女が生ける死体(ゾンビ)だと気が付いた少年たちは…

 

 

 欲のままに女を物のように扱う男と

彼女を救いだそうと奔走する男と

真っ赤な目で男たちをにらみつける縛られた女と

デッドガール (字幕版)

デッドガール (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

映画「デッドガール」あらすじ

 

デッドガール [DVD]

 

冴えない男子高生リッキー(シャイロー・フェルナンデス)は

幼いころから片思いしている憧れの女の子ジョアンと

うまく話すこともできず悶々とした日々を悪友JTと共に過ごしていた。

 

ある日リッキーはJTに誘われ

廃墟となった精神病院に忍び込む

その地下でベッドに手足を鎖でつながれた

裸の女の遺体を発見する

 

汚れた遺体を見て腰を抜かすリッキーだが

JTはこの遺体に興味を示し…

その時、遺体が動いた!

 

女は生きているっ

 

早く警察を呼んで病院に運ぼうというリッキーに対し

JTは驚くべきことを言いだす。

 

「よく見ればキレイな顔をしている…俺たちのものにしよう」

そういって女に襲い掛かるJT

 

JTはこの女が人間ではなくゾンビであることに気が付く

暴れる女を押えつけた時に首の骨を折ってしまったが

女は息を吹き返したというのだ。

 

リッキーの目の前でJTは女の腹に銃弾を撃ち込む

一度は死んだに見えた女が再び動き出した。

JTは「3度女を殺してみたが、コイツは死なないゾンビだ」と。

  • この女は人間じゃなくゾンビ
  • この女は殺しても死なない
  • この女の存在は誰も知らない

このことがJTを欲望のままの野獣にしてしまう。

 

JTはこの廃病院の地下に入り浸るようになり

他の男友達もよんで

「俺たちの穴人形だ、やり放題だ」と

拘束されてる彼女にやりたい放題。

 

リッキーはなんとか彼女を救おうとするが

彼女に対するリッキーの執着は凄まじく

なかなかうまくいかない…

 

どんどん欲望を肥大化させ

女への支配欲・所有欲・残虐性を増していくJT

彼女をなんとか解放してあげたいリッキー

JTたちに屈辱されながら真っ赤な目でにらみ続ける女

この監禁の結末はどうなるのか?

 

ゾンビ女の秘密に気が付いたJTの暴走する欲望

そんなある日、

ジョアンの彼氏とその友だちがこの地下室にやってきて

繋がれているゾンビ女に噛みつかれてしまう。

 

数日後ジョアンの彼氏に変化が…

ゾンビ女に噛みつかれた者はゾンビ化する

そう気が付いたJTは、

自分が傷めつけて顔がグチャグチャになったゾンビ女の変わりをつくるべく

夜の街にゾンビ2号にする女を探しに行く。

 

今のゾンビ女がボロボロになったから

新しくキレイなゾンビ女を地下に監禁しようというのだ…

 

自分たちが殴ったり暴行してボロボロにしておいて

醜くなったら「新しいキレイな女を」だと!?

しかもJTはボロボロになったゾンビ女の顔に

キレイな女の顔が印刷された紙を貼りつけ犯し続ける鬼畜ぶり…

 

理性や倫理観といった人間らしさがゼロになった男は

ここまで女に対して惨いのでしょうか?

でも…現実にもおぞましい事件は多いので

女性は心に留めておくべきことかもしれませんφ(..)メモメモ

 

男と女の間にある支配・所有・残虐・恋愛関係

JTは理性や倫理・道徳観ゼロで暴走していきますが

リッキーの変化が更にエグイです(;;)

 

リッキー!

お前までそっち側に…

そっち側ですがJTの「欲を満たす道具」扱いともまた違う。

JTが女に向けた支配欲・所有欲・残虐性

リッキーがゾンビ2号に向けたのも支配欲・所有欲・残虐性(ある意味)

なんですがちょっと形が違います。

愛着・愛情が込められている(一方的だけど)

 

男は女を思うがままに従えたい欲望が

心のどこかにみんな持ってるんですかね?

世の中を過去から現在まで見渡してみる…否定できない。

 

ただ力の差はあれど

男にこういった欲望があるならば

女にもあるわけです。

同じ人間だからね。

 

自分を守るので精いっぱいや~

では、また☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村