プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女映画部】「ロスト・アイズ」感想②~何だか、この女すごくイライラする…自分勝手すぎるぜ~

 

お題「最近見た映画」

ロスト・アイズ(字幕版)

どうも~この世の膿こと現代の生きる化膿こと「私です」。

映画の登場人物に本気で「イライラする」ことはない私ですが

今回は「あれ?」という最初の違和感がどんどん「なんだ、コイツ!?」に変わり

「みつまる42才、なんだかこの女にイライラする!」と、

いとうあさこさんのギャク状態

 

 

 

ロスト・アイズ(字幕版)

ロスト・アイズ(字幕版)

 

 

なんか、この主人公の女性(推定40代後半~50代前半)がね

美人でキャリア系なのもわかるし、

いくつになっても色気漏れちゃうのもわかるんですが、

  • 独断専行
  • 周りの人の忠告を一切きかない
  • その行動力に反してめちゃくちゃドジでガサツ
  • 常に胸元のガードが緩めの服装

という「ええええ…」ってキャラなのです。

 

しかも、彼女を心配して忠告した人がみんな死んでいくという・・デス女。

だんだん、だんだん、ふつふつと私にある感情が湧いてきたのです。

 

何や、この自分勝手でドジな女は!?

 

私が彼女へのツッコミ感想日記を書くために書いた

前説がこちら(状況を説明)

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

 

では、「ロスト・アイズ」の感想本編いきます。

 

 

双子の姉の埋葬時が違和感のはじまり

信仰性の視力低下症の姉が1年前に全盲になり、

半年前に会ったきりという双子の姉妹。

主人公である妹のフリアも同じ病です。

フリアの方は視界の端が黒く陰になるものの

まだ視力は失っていません。

 

全盲の姉はひとり暮らし。

半年ぶりに姉のもとにやってきた目的が

首を吊って亡くなった姉の葬儀と埋葬と遺品整理。

 

そんでですね、

その埋葬シーン、

姉とお別れをするシーンで、

彼女は棺に向かってこう言ったのです。

 

「あなたを許すわ」と。

※フランス語なんで字幕の人が誤訳してたらわからんのですが…

 

私は聞き間違いかと思った。

「ふぁっ!?」何言ってんだこの人(@。@;)

 

いや、どっちかっつーと、

全盲になった姉を気にもかけず

電話やメールもしないで放置していたことを

後悔とか悔いたり…自分の行動を省みちゃうんじゃないの…

 

何この人、めっちゃ怖いっ

 

と、この時違和感が生まれた。

 

独断専行で他人の忠告は聴かないストロングスタイル!

独断専行、

他人の忠告はいっさい聴かない、

周囲に迷惑をかけても我を通す、

という超ストロングスタイル!!

 

もう、無敵としか言いようがない。

 

◆夫の忠告を無視した結果・・・

 

「姉の自殺を事件だと騒ぎ立てて、捜索するな」

と危険なことにできるだけ関わってほしくないという夫の忠告も

丸っと無視、無視。

その結果…彼女の捜査につき合わされた夫が拉致され殺される。

 

◆ホテルの雑用係りの老人の忠告を無視した結果・・

 

姉が恋人らしき男と泊まったホテルに

一緒にいた男の情報を従業員から聞きだそうとするフリア。

唯一男のことを覚えていた雑用係の老人が

「あの男の目は怒りに満ちていた、近寄ってはいけない」

って言ったのに・・・無視、無視。

 

その結果…駐車場の防犯カメラ映像を借りにいった夫は消え、老人は殺害された。

 

◆医師の忠告を無視した結果・・・

目の手術後2週間の包帯を巻いての光遮断生活が必要なので

「入院」するように医師に言われた彼女。

 

旦那の事件のこともあるし

病院の方が医師・看護師もいるし設備も整っているので

慣れない「見えない」生活には入院が安心安全と医師は彼女に忠告。

 

でも彼女は固くないに「入院」を嫌がり

結局、自宅よりは病院に近いサラの家に帰ることに。

そのため病院から2週間毎日彼女の介助のため看護師が派遣されることに。

 

わがまますぎるだろう!!

看護師さんひとりで何人の患者をケアしてると思ってんだ!?

 

その結果…厄介な男を自ら招き入れることに

 

◆彼女を助けにきた少女の忠告をきかなかった結果・・・

姉サラと交流のあったお隣の少女が

サラを全盲にし、

サラを辱しめ、

サラを殺し、

次にフリアを狙う犯人から

フリアを助けに男の家に忍び込んできてくれた。

 

でもフリアは少女の話を信じない。

そして彼女が自分の目で真実を確かめた結果…

少女は惨殺され

サラに何が起こったかを

壁一面に貼られたおぞましい写真たちから知る

そして犯人に追われることに

 

行動が雑で周囲をなぎ倒していくストロングスタイル

あとね、

行動がすべて雑なんですよ。

 

視力を失った時も

手術後の包帯時期も

普通はその家の造りやモノの配置などと

自分が視力に頼らず暮らすために

感覚つかむまでって慎重になると思うんですよ。

※あくまで「私だったら」&想像の範囲での仮説ですけど

 

でも彼女は結構なスピードでガーッとモノを触っては

落し、壊し、倒していくスタイル!

そして当然自分も転ぶ(だってヒールだしね)

 

だからお医者さんも入院すすめたのに・・・と私が思っている間に

彼女は部屋の隅に丸くなって泣きはじめる・・・・「うわぁ」⇐私の心の声

 

このことで、

今後は慎重になるのかな?

と思ったけど彼女の行動は変わらなかった。

 

ラストの病院の安置所でも

壁づてに歩き鏡を探すとき

ガーッとびょいんの備品や器具をなぎ倒し

まき散らしていく彼女・・・ストロングスタイル!

 

終始、「なんでや!?」と私の心を揺さぶってくる女だった

なんでや!?

なんだ、コイツ!?

の連続。

 

自分を心配し、自分のために動いてくれて

拉致され殺された夫の死から数日で

出会って10日目の自分のお世話をしてくれる看護師に

キスしたり「もっといて」と言ったり・・・

 

そこもめっちゃ「なんでや!?」ってなった。

 

でも実際はこういった、どういう方向であれ

人の感情を揺さぶる女性がモテるんでしょうね。

 

ただ、この女のペースにつき合うの…すっごく疲れる。

というか疲れた…げっそりした私です。

 

※監督の作品に込めたメッセージは彼女を狙った犯人側にあります

ここについては感想①に書いておきました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)