プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【これはもしや】最高にロックで最高に文学なんじゃ⁉「ちょっとお高めのお寿司屋」さん文

実は6月上旬にとても気になる「文章」に出会った。

はてな匿名ダイアリー&ブックマークで話題になっていた

「ちょっとお高めのお寿司屋さんから一言」というタイトルの投稿です。

 

 

私は単純に、絶妙にターゲットの心理を揺さぶる(逆撫でる)文章書くなぁ…

その絶妙具合に感心していた。

 

anond.hatelabo.jp

 

 

あと妙にアンバランスなのも、きっとわざとつけた「ひっかかり」なんだろうけど

気になるよね。

 

タイトルの「ちょっと高めの寿司屋さんから一言」の「お」の入れ方~

煽りだとしたら煽りの技術力半端ねぇ~

 

私はなぜかこの文章が気になっている。

ここに,、私の興味事に関わる重要な情報が込められている気がした。

なかなかに味わい深い短編である。

 

 

①「間>人」の力関係 が如実に語られている

私がカタカムナの解読をしながら手にした

空間に存するものを支配している「マカ(間の力)」の考え、

間>人という『間の優位性』について。

 

この”ちょっとお高めのお寿司屋さん”の文章にそれが示されている気がしたのだ。

この「お高めのお寿司屋さん」は、自分たちが提供しているモノが「投資的価値ある空間」だと最初に述べてくれています。

 

”この「各分野のトップや大物、勝ち組、生まれが抜群にいい人達の社交場」としての空間を創るために食材~内装外装まで尋常じゃない予算をかけている”と

 

それがわかる、その投資、その空間に見合う人だけが

その場に入り空間を共有する資格がある、のだと。

 

場の創造者=空間の主に場の支配権はあるので

その空間に入る人、空間の一部になる存在を選ぶのも当然です。

 

で、私の興味はその先にあるのです。

すべての空間にこういった

「空間の主の意思・意図・支配」があるんじゃないか、

家や人や店とか主がわかりやすい空間だけじゃなく、

「全ての空間に」「全ての諸空間にそれぞれの」主がいる。

それは人ではなく、空間自身の意識だったり、その上なる存在かも。

 

world-fusigi.net

 

まー今回「ちょっとお高いお寿司屋さん」の件は

カジノ(場)と胴元(空間の主)みたいかものかな?

 

②我々は未だに王族・貴族の高い身分に憧れているのか?

この文章を読んで

  • 貧乏人が頑張ってくるところじゃない
  • ある分野のトップや大物、勝ち抜いた人、生まれが抜群にいい人らが価値観を共有する社交場

というような表現から「あっ」と思った。

 

我々は太古の昔から今もずーっと

王族・貴族のような高い身分に憧れているのかと。

超えられない血筋の壁が「怨み」や「嫉妬」「憧れ」と混じり合って

現在も「高い身分(選ばれし特別な存在という地位)」を手に入れようとしており

その身分・階級分けのわかりやすい指標が「経済力」なわけっすな。

 

③私たちは何にお金を払っているのか?

この「ちょっとお高めのお寿司屋さん」が親切なところは

席に座るだけでウン万円かかる”高級店”の高額な部分ってのは

「空間代」だって直球で教えてくれているところです。

 

お寿司のネタでも職人の技術力でもなく「空間への投資」だと。

楽しく食事を楽しむ、美味しい食事を楽しむ為なら

他にもっと「あなたに合ういい店がある」だから

「あなたに合う一流店を探せ」とまで言ってくれている。

 

確かに高級でなくとも「美味しいお寿司屋さん」は

日本全国にたくさんあるし、居心地のいい店もたくさんある。

 

「お客様は神様です」がもたらしたお客の荒神様化もあって

これからは「なじみ客優先」という店が増えるかもしれないですな。

地元の旨い店探し、行きつけの店を持つがスタンダードになるのかな。

 

美味しいモノを食べて、楽しいひと時を過ごして

”いい気分”になり満足感や幸福感を味わう為に

お金を払っているという原点に返って

賢く経済活動に参加せねば(‘~‘)

 

荒神様化や批評家となった「お客様」に社会が疲弊気味

最初にこの「ちょっとお高めのお寿司屋さん」は述べている

特にGoogleマップTwitter等で好き放題かかれている方へ

日頃の感謝を込めて特に多い2つのご意見に返信させて頂きたいと思います。

つまりは、「その人たち」への返信なのだ。

 

加えて、最後の〆の文章を読むと

今の社会で偉くなりすぎた「お客様」という巨像の虚像に

対応するすべての人が疲弊しているんだなぁと…

 

なんで、こうなったんや?

どうしたらいいか分からないけど、

とりあえず「おもうまい店」を見ようと思う私です。

子どもの頃に通った地元の店を思い出すんですよね。

 

⑤我々の幻想と期待をぶった斬るロックな文学

なんかもう、「頑張ってお金を貯めて高級店へ行く」って

それがお祝いだったり記念日だったりしてさ~

我々庶民からしたら「いい事」「美談」な気するじゃないっすか。

 

それを正面からぶった斬ってくる、この文章。

最高にロックで最高に文学じゃない!?

多くの人に嫌悪感・不快感・怒りをかうことも承知で書いてるし。

 

お金さえ払えば誰でも歓迎じゃねーんだよ!

ちょっとお高めの店は空間に合う客を選ぶんだよ!

ネットに好き勝手批判を書いてんじゃねーぞ!

という、高級店で働きつつもどこか荒くれ者の下品さもにじむ文章が

私の心を掴んで離さないのです。

 

読ませる文章、書けるようになりたいわぁ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村