プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【大人恋愛・野生の夜に】性病感染予防:好きな彼は信じられるけど彼の元カノやその元彼は信用できない件

お題「最近気になったニュース」

f:id:mousoumajyo:20180916154208j:plain

ビックリしたね、田舎育ちで常に恋愛は好きなひとりの男に前のめりだったもんで・・

大人たちが私の想像以上に夜は野生と化していることに!!!

時代に乗り遅れるというよりも完全に別方向に進み続けるプロ独女みつまるです。

 

 

私はあるとき気が付いた(※といっても気が付いたのは30代後半)

 

あれ?

世の中・・・もしかして

恋人や夫婦という関係以外の・・・男女の聖なる交わり普通に多い??

 

出会いのルールが増えたこともあるだろう。

twitterをはじめて知った言葉「オフパコ」にもビックリした。

 

梅毒感染者が増えているとか

性病の感染も広がっているようだ。

 

自分の行いは100%自信と信頼あるし、

好きになった彼のことは信じられても

彼の過去の女とその女と交わった男は信用できない!

ということで性病・感染症から身を守ることを考えていこうと思います。

 

 

 

 

新卒で入った修羅の職場で不倫の認識が変わる

 

不倫自慢をしていた先輩たち(※ひたすら地味で真面目な風貌の阿修羅たち)

のこと思い出して・・そういえばあの会社社内不倫横行してたなぁ

 

不倫って内緒にしないで自慢しちゃうんだぁ

 

ってかマジでこんなに普通の人が不倫してるのか?!

 

と当時の私は変な所に驚いていて

社会全体の不倫の割合や浮気している人の数というのに

興味がなかった。

 

ただただ不倫とかを「自慢」していることにどえらく驚きました。

不倫って不貞行為だし、

略奪行為だし、

破壊行為だし、

民事で法廷ざただし。

 

私にとっては「人としての恥」である行いが「女としての自慢」になることに

とにかく衝撃を受けた社会人デビューでしたね。

 

 

合コンのお持ち帰り実態調査してビックリした

 

ある時、

その当時けっこうよく遊んでいた

友達の友達がつながったようなグループのメンバーに

思いつきで聞いてみた!

 

当時私には彼氏がいて

他の女子メンバーは彼氏募集中で

みんな合コンの誘いが頻繁に行われてたので。

 

 

「合コンのお持ち帰りって実際どのくらいあるの?」

 

とストレートに聞いてみた。

私は常に彼氏または片思いの男がいたので

合コンにはよばれないし、いかないということで

合コン経験が極端に少なく「もしかして・・」と聞いてみた。

私の予想は10%~多くて20%くらいのだった。

 

 

実際に10人くらいのそのグループでの数字だが

50%だった。

「ワンナイトは、それはそれでいい思い出になるよ」との意見も。

 

衝撃だった!

私は実は相当用心深い。

はじめてあった男とその日に裸の関係とか・・

性的な本能うんぬんよりもまず、

人として1日でそこまで信頼関係を築けないし、信用できないの・・私。

 

だって、危ないじゃない!

裸とかマジで丸腰だし、

密室で何されるかわかんないじゃん。

動画とか写真撮られたらどうすんの?!とか

変な薬飲まされたらどうなるの?!とか

 

割とビビりなのだ。

あと出会ってすぐにやるような奴は病気の可能性が高いとも思っている。

 

そして、この結果をもとに

色々な人にこの調査をした結果

やはり50%以上だった。

※男女に聞いているよ!

 

 

もう自分以外、誰も信じられない!

f:id:mousoumajyo:20180815100237j:plain

好きな男を追いかけやっとつき合うパターンばかりだったので

いつも彼氏とは「この人なら病気をうつされてもしょうがない!」と

よくわからぬ決死の覚悟でことに挑んでいました。

 

自分の行ないには100%自信と信頼あるし

怪我して手術した時に思いがけず手術前検査でHIV検査されて

胸張って自分は大丈夫といえるけど

エイズ大丈夫だよね?」とかいい雰囲気のなか彼氏に聴けないからだ。

 

信頼してないってことだし、失礼すぎる(><)

と思っていた。

 

が、最近の出会いのカジュアル感や

梅毒患者の増加や

恋人やパートナー以外との関係に及ぶ人がけっこう多いと知っては

もう自分以外誰も信じられない。

 

いや、自分の好きな彼(パートナー)は信じたい。

が、しかし

  • その彼が過去に関係をもった女や
  • その女の過去の男
  • その男が関係をもった女

は、本音を言えばまったく信用できない。。。

 

 

話題の梅毒患者数増加について調べてみた

 

話題の梅毒増加について調べてみた!

どのくらい患者数が増加しているのか

 

f:id:mousoumajyo:20180916171423j:plain

梅毒の拡大を食い止めるため。 一人ひとりが予防と検査を! | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

コチラのサイトより引用。

 

患者報告数ですので

怖くて検査していないとか

報告に上がっていない潜在数はもっと多いはず。

 

 

しかも年齢別だとこんな感じになるのです!

f:id:mousoumajyo:20180916170820j:plain

梅毒の拡大を食い止めるため。 一人ひとりが予防と検査を! | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

 

20代から60代まで大人男性はすべての世代で多い!

そして20代女性が女性の中では断トツですね。

 

◆梅毒感染について調べてみた

  • キスやオーラルSでも感染(ゴムだけでは予防できない)
  • 1回のせい行為における感染の可能性20%以上ともいわれている

かなり感染の可能性が高いじゃないか?!

キスだけでもなることもあるの?!!

と実は、はじめて知って驚いた ことばかり。

詳しくはコチラのサイトを参照⇒梅毒検査の解説 梅毒Q&A 性病検査STDチェッカー

 

梅毒の他にもHIVクラミジアなど他の感染症もいろいろあるので

自分の身は自分で守る、好きな人と安心して関係を築くためにも

カップルでの性病検査がおすすめです。

 

あと体に異変や症状がある場合は

早期に検査や通院の対策をとりましょう!

 

問題を無視する、放っておくことが一番最悪の結果につながります。

 

 

 

身を守るためにまずは性病検査を

 

f:id:mousoumajyo:20180821144659j:plain

先ほど紹介した

政府広報オンライン

梅毒の拡大を食い止めるため。 一人ひとりが予防と検査を! | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

 

にも予防法が書いてありますが

・ゴムを使用

・多数と関係を持たずにパートナーは1人に限定しましょう

 

はもちろんですが

今の時代、パートナーの過去のパートナーやまたその相手と

追ていくとやはり全部をマルっと信用するのは無理がある。

 

私のように「好きになった人を決死の覚悟で信じる」方式も

私の予想が現実よりも不特定の相手を関係を持つ人が少ないとみていたからなので

おすすめはまったくできません。

 

「信じること」は美しく

「疑うこと」は恥ずかしい

そんな風に思えるのも世の中の大半が倫理的で理性で動いていると思えばです。

実際は人はもっと本能的に行動します。

人の行動は情動の影響の方がはるかに大きいので。

 

今はネットで申し込んで郵送で検査ができる時代です。

自宅で匿名で検査できますので

カップルでも個人でも安心と信頼するために検査をおすすめします。

 

◆おすすめの自宅でできる郵送検査

性病検査 STDチェッカー

などの検査が自宅で簡単に郵送、匿名できます。

女性の場合は生理やオリモノの異常などあれば一般細菌検査などで

原因がわかることもあります。

 

せい行為以外でも感染する(キスだったり傷口からとか)ので

病院に検査に行くことが恥ずかしいと思う方も

恥ずかしくないので不安や心配な症状あれば病院でも郵送でも

まずは検査を!

 

検査で大丈夫とわかれば安心が手に入り、

検査で異常が見つかっても「治療」をはじめることができます。

 

梅毒検査だけなら3,240円

HIV検査は4,963円

他にも複合検査など種類も細かく必要な検査を選べます。

 

他にもサイトを見るだけでも

知識や予防法などイラストなど使ってわかりやすく解説してくれています。

【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

 

 

 愛する人と安心して関係を築いていこう

 

f:id:mousoumajyo:20180815095329j:plain

 

今の時代は「流されない」で

自分で考えて行動することが大事!

 

「何となく大丈夫だろう」は危険です。

 

最低でも「自分の身は自分で守る」

ができて相手を思いやれますから。

 

真面目な人も多いんだけどね。

不特定多数と関係を持つ人の割合は

ネットでみられるアンケート結果を数件観た結果

どうやら全体に20%のようです。

 

5人に1人。

と思うとなかなか油断ならない。

 

では、いろいろ考えさせられる問題に向き合ってみた

プロ独女みつまるでした~またね~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村