プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【フォードと英国史】フォード・コルチナ~英国民の階級意識を刺激した販売戦略が凄い!(GT3#14-1)

 

さらば愛しきモンデオ フォードでたどる英国史

TOYOTAのみなさん怒らずに「グランド・ツアー3」の#14観てね

フォード車のモンデオが生産終了ということで「GT3#14」は

「さらば愛しきモンデオ フォードでたどる英国史」という

フォード史の特番です。

 

 

◆フォードの歴史がよくわかるGT3#14はこちら

 

 

※このリチャードが壊しているのはTOYOTA車です(;;)

でも、そこには英国人やフォードの悔しさもあるので寛大な心で本編を見てください

 

今回、1960年代後半からの「フォード×英国」の歴史を見たのですが

フォードの販売戦略が凄いんですよ!

 

なぜ、車がステイタスシンボルになったのか?

 

この私の長年の疑問の答えが、ここにあったのです。

フォードの仕掛けた販売戦略だったんです!

 

というコトで今回は「フォードの販売戦略とフォード車」に

注目しながら私なりの「ここ見て!」ポイントを書いていきます。

 

 

1960年代後半英国中を席巻したフォード・コルチナ

f:id:mousoumajyo:20200110113113j:plain

※グランド・ツアー3#14より

 

フォードのコルチナは1960年代後半から

イギリス中を席巻した歴史に残る車です。

 

ジェレミーの父も

メイの父も

フォードのコルチナ乗ってたんだって。

 

ファミリーカーとしての「コルチナ」と

「コルチナ」の性能と名を世に知らしめるために

造られた「ロータスコルチナ」があるよ!

Team Lotus ロータス コルチナ #71 ジム クラーク スロットカー 1/32

Team Lotus ロータス コルチナ #71 ジム クラーク スロットカー 1/32

 

ロータスコルチナはレースカーで

数々のレースで勝ちその名を世に広めたんだよ。

トップスピードは230km/h!

 

AUTOart 1/18 フォード コルチナ MK I ラリー '64 サファリラリー #3 完成品

AUTOart 1/18 フォード コルチナ MK I ラリー '64 サファリラリー #3 完成品

 

サーキットでもラリーでも大活躍のコルチナ!

 

当時は車を売るために

レースに勝って車の性能と走りを

世界にアピールする販売戦略が一般的だったのさ。

 

しかし、フォードは更に

英国の税制と国民心理を利用した戦略を仕掛けるのです。

これがものすごく見事なんです!

 

国税制×国民の階級意識を利用したフォードの販売戦略

このフォードの販売戦略ホントにすごい!

乗ってる車=ステイタス

という意識を人々に植え付けた最高の戦略がここに。

 

◆1960年代後半の英国税制をうまく活用

当時の英国では

年収3000ポンド以上あると

その41%を税金として徴収していた(@。@;)

そこで企業は

従業員の給料を減らし、

かわりにその穴埋めとして車を与えることにした。

車は課税されなかったからです。

フォードはここに目をつけ、

あらゆる階級向けに車種を増やしたんです。

 

◆フォードが仕掛けた各階級向けの車種

フォードが仕掛けた各階級向けの車種

これがすごく単純明快でわかりやすい!

 

  • 平社員向け⇒コルチナ ベースモデル
  • 課長クラス向け⇒コルチナL
  • 部長クラス向け⇒コツチナXL
  • 役員クラス向け⇒コルチナGT

 

フォードは広告会社やメディアと組んで

国民の階級意識を変え、

「車種がステイタスを示す」ようになったのです★(ここ重要)

 

天才か!?

 

ちなみにジェレミーの父は

成功者の証=コルチナ1600Eに乗ってたそうだよ。

 

フォードの4ドアに英国中が夢中だった

こうしてコルチナは英国に根付いたのです。

フォードの戦略が素晴らしいのは

彼らが「階級意識を煽った」のは

大人世代だけではなく、

当時の子供達に心にもしっかり

フォード車=栄光という意識を植え付けたこと。

 

当時英国の貧しい地域に暮らしていたという

リチャードは父が買った車をみて

非常にショックを受けたそうです。

f:id:mousoumajyo:20200110114223j:plain

※GT3#14より

 

子供ながらに我が家の車をみて

敗北感や悔しさを感じていたそうです。

 

子供のころのこうした強いショックは

子供の心を大きく歪めるとリチャードは話します。

 

フォード・コルチナは1982年に生産終了となりますが

今もジェレミー世代の心に強く刻まれているようです。

 

フォードの次の戦略に続く・・・

(まだまだ続くのだよ、次回お楽しみに~★)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村