プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【世界経済ドキュメンタリー】#5:偽物が経済に及ぼす影響 ①偽札と米シークレット・サービス

お題「マイブーム」

f:id:mousoumajyo:20200210165435j:plain

Amazonオリジナル番組「ジャイアント・ビースト」

グローバル経済の闇に攻め込むドキュメンタリーなのですが

その攻めの姿勢は第5話でも衰えません!

今回は「偽物が経済に及ぼす影響」を色々な角度で追っていく

 

 

もうね、「マジかよ!?」って情報がたくさん出てくるので

全然飽きないし、興奮と感動(?)しまくりの私です。

刑事・犯罪ドラマよりも断然こっちの方がスリルあるよ。

 

実際に番組のインタビューに登場する人物たちも

かなりビッグよ。

 

f:id:mousoumajyo:20200122171459j:plain

ジャイアント・ビーストをまだ観ていない方は

是非第1話から見て欲しいっす。

第1話:マネーロンダリングの手引き

マネーロンダリングの手引き

マネーロンダリングの手引き

  • メディア: Prime Video
 

 

第2話:金持ちはイヤな奴?

 

 

第3話:ゴムのお話

 

ゴムのお話

ゴムのお話

  • メディア: Prime Video
 

 

第4話:人工知能(AI)が作る未来

 

 

そして更に面白さを増す第5話がこちら

 

 

1話40分程の番組なのですが

詰め込まれている情報量が非常に多い。

 

映画を見る時も、本を読む時も

φ(..)メモメモをとるようにしているのですが

ジャイアント・ビーストは1話40分で

映画4本分くらいメモしております。

 

今回は偽物の中でも「偽札」について

私が驚いたことを書いておきたいと思います。

 

 

世界に溢れる多くの偽物と経済の関係をカル・ペンが追う

 

まずは第5話の主旨の説明を

番組ホストのカル・ペン

  • 市場に溢れるブランドのコピー品
  • 偽物、複製品、模倣品
  • 偽札
  • 香港(世界の偽物市場の25%を占める)
  • ファッション業界
  • 映画業界

など様々な角度から関係者に会い話を聞きます。

 

偽物が経済や国を脅かすだけではなく、

発展もさせている部分にまで迫る。

 

偽造品は数十億ドル規模の巨大マーケット!

今回の偽物を追う中でのポイント☆

「偽造者が力を持てる理由は、

その驚くべき精巧さにある」

 

偽札と闘う米国シークレット・サービス

経済に及ぼす影響の大きな「偽物」と言って

まず思いつくのは何ですか?

 

カル・ペンは「偽札」事情について知るために

ワシントンD.Cのシークレット・サービスを訪れた。

 

◆ワシントンD.Cのシークレットサービス内へ

f:id:mousoumajyo:20200210172956j:plain

 

シークレット・サービスってそんなに気軽に入れるの!?

ドラマではなく本物!

本物のシークレット・サービス施設内と

本物の特別捜査官に軽く興奮気味の私です。

 

f:id:mousoumajyo:20200210173114j:plain

シークレット・サービスというと

政府要人の警護のイメージですが

その創設には偽札捜査と深いかかわりがあったのです。

 

◆1865年シークレットサービス設立

f:id:mousoumajyo:20200210173440j:plain

 

南北戦争の末期1865年にリンカーンによって設立された組織

それがシークレット・サービスなのです。

 

当時、流通貨幣の3分の1以上が偽造だった。

この事態を何とかするためにリンカーンはこの組織をつくり

この組織設立の書類にサインしたその後・・

フォード劇場で暗殺されたのです。

リンカーン暗殺についてはもっと大きな闇話があるので調べてみてね~

 

1860年代の驚きの米国紙幣事情

f:id:mousoumajyo:20200210174143j:plain

当時の紙幣は

額面もデザインも銀行次第で、

発行銀行ごとに異なる紙幣が流通。

 

つまり流通している紙幣の種類が非常に多かったのです。

種類が多いので偽札を紛れ込ませるのなんて簡単!

偽札造りが簡単なため

国内に偽札が大量に溢れ

過剰供給からインフレを招いた。

 

そこで政府は偽造防止に力を注ぐようになり

1865年に設立されたシークレット・サービスは今でも

年間約250万枚の偽造紙幣を発見している。

 

偽札がもつ脅威:インフレによる国の混乱

偽物が経済を脅かす(そして発展もさせる)

私は「偽札」とは

安い原価で高い価値を手にいれる手っ取り早い方法として

犯罪組織が使う手なんだろう・・・くらいに思っていました。

 

でも、、、、

実は偽札とはもっと恐ろしい目的を持っていたのです。

 

ある国を混乱させ、破壊させるなら

武器よりも「偽札をばらまく」ことの方が効果がある

と、いうのです!

 

偽札を大量に流し、インフレをおこして

国家を混乱・崩壊させる目的で使われることもある。

 

かつてのユーゴスラビアの連邦崩壊や

ナチスが偽ポンド札を作っていたことも

偽札⇒インフラ⇒国の混乱が狙い。

 

ここはさらに興味深い話と繋がるので

次回「インドで何が起こったか?」で

また話を深く掘って生きましょう。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

  • 作者:高木 徹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/06/15
  • メディア: 文庫
 

 

 

ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書)

ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書)

 

 

 

インドが変える世界地図 モディの衝撃 (文春新書)

インドが変える世界地図 モディの衝撃 (文春新書)

 

 

 

知識ゼロからのインド経済入門

知識ゼロからのインド経済入門