プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【経済ドキュメンタリー】#5:偽物市場を支える人間の虚栄心①偽札vs神経科学者vs政府の虚栄心

f:id:mousoumajyo:20200212135419j:plain

どうも、グローバル経済の闇に迫るドキュメンタリー「ジャイアント・ビースト」が

面白すぎてシリーズ化希望のBBA私です。

インタビューに出てくるのが「全員本物」てのもしびれるぜぇ

 

 

f:id:mousoumajyo:20200210165435j:plain

第5話は「偽物が経済を脅かす(そして発展もさせる)」

というタイトルで偽札からグイグイせめております。

 

 

アメリカのシークレットサービスの設立裏話

国家を混乱・破滅に導くための「偽札」でインフレ

2016年インドの「廃貨」政策

 

と見てきましたが

今回はEUの偽札対策から

とんでもない展開に!

 

でも、偽物と人の虚栄心

しっかり見つめ直すきっかけにもなるよ。

 

 

EUの偽札対策は逆転の発想?!

 

f:id:mousoumajyo:20200212140241j:plain

 

番組ホストのカル・ペンが次に訪ねたのは

スタンフォード大学神経科学者:デイヴィッド・イーグルマン博士の研究室

 

2013年に欧州中央銀行に雇われ

偽造の難しい紙幣の開発に従事した人物

 

偽造が難しい高度な技術

という視点から

銀行や専門機関で発見される前に

一般の人たちが偽札の判別を簡単にできるように

するにはどうしたらいいか?

という方向に向かいだした。

 

そこで神経科学が必要ってわけ

「必要なのは感覚代行と脳の可塑性の知識」

 

神経科学者提案「人が判別しやすい貨幣デザイン」

では、どういった紙幣デザインにすれば

人は本物と偽札の間に違和感を感じ

見分けやすくなるのでしょうか?

 

人は意識したものしか

じっと観察することはないので

本物の正規紙幣と偽札の間に

人の感覚に訴える「違和感」が生まれないと

偽札は人から人へ流れていってしまいます。

 

そこで神経科学者デイビッドがEU側に提案したことは3つ!

f:id:mousoumajyo:20200212143109j:plain

 

①すべての紙幣を同じサイズにすること

これは「大きさの感覚」でサイズ違いの偽札が紛れ込んだら

すぐにわかるためにだそうです。

 

私個人的にはこの意見は紙幣同士の種類の見分けが

感覚的に行なえなくなるので不便さも感じるのですが

どう思いますか??

 

正しく生きる側の利便性も偽札製造者に圧迫されてしまうとは・・悔しいです(;;)

 

②透かし部分は建物よりも人の顔

これは私も納得したのですが

人の感覚では「人の表情のちょっとした差」には敏感で

建物などの物体では多少の差異があっても気にならないそうです。

 

紙幣の透かしにいれる人物も

神話の女神などというような存在よりも

実在した誰もが顔を思い浮かべられる人物がいいそうです。

 

確かに、これは大きくうなずいちゃいました。

 

③余分な情報が多すぎるとダメ

そもそも紙幣のデザインが複雑すぎる

と、デイビッドは言います。

 

人間の感覚では

情報が多いほど差異に気が付かなくなるんですって。

確かに・・・デザイン的にごちゃごちゃしていると

細部をいちいち見たりしないで

全体のデザインで「これだよね」ってなっちゃう(^^;)

 

実際に番組ホストのカルが手渡され

違いが見抜けなかったテスト紙幣も・・

f:id:mousoumajyo:20200212142940j:plain

 

ジャイアント・ビースト#5より

 

ホログラムに注意してみれば

一発で違いが見抜けたはずなのだ。

 

神経科学者が最終的に提案した大胆な紙幣デザイン

以上の3つの提案を踏まえて

神経科学者デイヴィッドが最終的に提案した大胆な紙幣デザイン

f:id:mousoumajyo:20200212144415j:plain

ジャイアント・ビースト#5より

 

政府が大金をかけた安全対策である

「ホログラムだけ」くらいシンプルにした方が

偽札の混入を防げるというのだ。

 

う~~~ん

どうでしょう?

逆に偽造しやすく思えるんですけど。

 

あとね、私がこの提案を聴いて思ったのは・・・

この提案を聴いたEU側の反応と共に書きたいと思います。

超シンプルデザインの提案を受けたEU側の反応

神経科学者デイヴィッド氏曰く

「提案の内容にEUも賛同したが、実現はしなかった」

どうしてか?

デイヴィッド氏はこう述べています。

「美しい貨幣があると、国の威厳を保てるから

 どんなに実用的でもホログラムだけにはできないんだ」

 

はっ?!

政府の虚栄心が紙幣のデザインに影響してるっていうのか!?

ってカルは驚愕していました。

 

確かに国の威厳は関係あるかも

その国の最高技術が詰まった印刷ですもんね。

でも、いやらしい思考の私は思うのです。

 

ホログラムだけの紙幣にしたら・・・

私は「美しい貨幣があると国の威厳が保てる」というのは

実は半分嘘だと思っています。

 

貨幣が複雑で美しいデザインであるが故に

「ただの印刷された紙きれ」を

人々がとても価値のある物と信じられているわけで・・

 

ホログラムだけの紙幣なんてつくった日には

「あれ、紙幣って・・・ただの紙きれじゃない??」

ってみんなが気がついちゃうからじゃないでしょうか。

 

紙幣としての威厳がなくなるからじゃない??

 

あなたはどう思いますか?

 

と、まー私のいやらしいヨミは置いといて

この貨幣を危険にさらしても見栄を張りたい政府や国の気持ち・・

これがお金がなくても自分をよく見せたい人々が

偽ブランドで自分を装飾することと同じだと・・

番組はさらに偽物市場の闇に迫っていくよ。

 

次回は世界の偽物市場の25%近くを占める

「香港」から話が展開していきます。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村