プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【経済ドキュメンタリー】GB#8:世界の汚職ツアー⑦再びのインド 経済学者の大胆な対策案

f:id:mousoumajyo:20200306112533j:plain

 世界の汚職ツアー8日目(最終日)は

汚職を撲滅するための「型破りなアイディア」のお話だよ。

再びツアーはインドへ

 

 

私がおすすめする「世界経済のリアルを学べる番組」

ジャイアント・ビーストはこちら

Amazonオリジナル番組です

 

世界の汚職ツアー

世界の汚職ツアー

  • メディア: Prime Video
 

 

今回はなかなか面白いアイディアを知ることができたので

「なるほど~そういう発想もありだよね」って私は思った。

あなたはどうですか?

 

 

インドの賄賂問題を根絶する確実な方法とは?

実際にこの方法を政府に提案した

カウシイク・バス教授に話を聞くと

なかなか納得できるアイディアだった(私は)

 

◆カウシイク・バス教授

インド政府の経済顧問も務めた経済学者

世界銀行 元チーフエコノミスト

 

教授は言う、

「今の汚職対策は間違っている」と。

 

◆今のインドの法の問題点

“今のインドの法では人を共謀させるだけ”

と教授は言う。

私はこの意見に「なりほどなぁ」と思った。

 

「賄賂の授受は共謀を生む」というのです。

確かに、賄賂の金の話になったところで

その場が「闇取引」の現場になり

人の弱い心は場にのまれてしまう感はある。

 

それに賄賂を渡す側と受け取る側で

共謀関係になるので

お互いに秘密を守ろうとするので摘発しにくい。

裏側の闇から白昼の元に引っ張ってこれないのだ。

 

ここで教授は型破りな賄賂対策案を出してきた!

 

◆人間の持つ悪の部分を認め法制化する

教授が政府に提案した賄賂根絶方法は

“むしろ人間のもつ悪の部分を認めてしまって法制化する”

というもの

具体的には

  • 贈賄を合法な活動とし(賄賂を渡す行為は合法)
  • 収賄は有罪とする(賄賂を受け取る行為は違法で犯罪)

こう法で定めることで

ふたりが共犯者として犯罪と秘密を共有する関係を崩せるというわけ。

 

取り調べにあった場合も

贈賄側は有罪じゃないので堂々と収賄者について話せるわけ。

 

私ははじめ、罪逆じゃね?と思った。

賄賂を渡して見返りを求める方が罪重くない?と

でもインドの日常的な賄賂は

収賄側が相手にむりやり贈賄を持ちかける」場面の方が多かったし

賄賂の成立の観点から言っても「収賄時」が成立点だから

教授の意見でいいようだ。

 

教授の提案に国中から批判が殺到

カウシィク教授は、この新しい賄賂根絶方法を

政府のウェブサイトに書き込んだ。

 

そうすると国中から批判が殺到した。

「不道徳だ!」と

 

経済学者、エコノミストの視点から真面目に考えた案だったが

予想外の激しい批判や攻撃に屈辱を感じた教授はとてもショックを受け

もうこういった提案はやめたという・・・

国をよくするための提案だったのに

 

結局この提案は

批判を巻き起こしただけで

法制化には至らなかった…

 

法的には贈賄者は罪にならないから口を割るとして

でも収賄者逮捕と同時にその行為は知れ渡るので

社会的制裁はちゃんと受けそうだよね、教授への批判を見ると。

だからこその名案だった気がする。

 

でも、まーモヤッとする法になるよね。

正義とか法の精神に反するという感覚もわかる。

「人間の持つ悪の部分を認めて」ってのが

そもそも法の精神と合わないってことか?

 

秘匿が汚職を生み、汚職は秘匿を求める

この汚職ツアーの〆を

番組ホストのカルはこうまとめていた。

 

秘匿が汚職を生み、汚職は秘匿を求める

 

人の悪の部分はいつも「秘匿」が解放しちゃうよね。

匿名だからこそ攻撃的になるネット内の書き込みや発言も

匿名が人の悪の部分を誘発・解放してしまうという証明なのか…

 

まっ白でクリーンな世の中にはたぶんできないけど

できるだけ白く在ろうとする姿勢は大事

国や政府や社会の意志として「白く在ろう」と示し

ルールを守る社会という雰囲気に包まれれば

「このくらいならいいよね」とか

「バレないなら大丈夫」を防げると思いたい。

 

知れば知るほど「経済」は魔物だった。

グローバル経済へと大きな経済になるほど

魔物の魔力が強くなる。

 

ジャイアントビーストがこれで最終回なのが残念です(;;)

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

この1冊でわかる世界経済の新常識2020

この1冊でわかる世界経済の新常識2020

  • 作者:大和総研
  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: 単行本