プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【面白い!海外ドラマ】「プリーチャー シーズン1」神にすがる偽善者たちへの啓示

PREACHER プリーチャー シーズン1 ブルーレイ コンプリート BOX (初回生産限定) [Blu-ray]

シーズン①の最終話の最後ギリギリまで「ブラックユーモア」に

やられっぱなしだったぜ~

いろいろな小技が効きまくり!

 

 

こんなの描いていいの!?

自分の中にある欲や悪の存在を隠し、人前では抑え

できるだけ善くみせようとしてしまう偽善者たち

私含めほとんどの人が該当するのではなかろうか…

 

そんな人達が「神にすがる時」

神はそんな人たちのことをどう思っているのか?

それが主人公ジェシー(牧師)を通して

超上級ブラックユーモアを交え痛快に描かれてります。

 

見どころやポイントとなる点を観想踏まえて

ここに書いておきます。

 

 

第1話「訪れしもの」でつかみはOK!

 

 登場人物のクセが強い!

基本的には物語の中心となる

  • ジェシー(昔は相当 悪 だった牧師)
  • チューリップ(凄腕の闇を生き抜く女)
  • キャシディ―(めちゃくちゃな吸血鬼)

この3人のクセが「毒」レベルです。

 

ですが、1話をよ~く見ると

街の住人も「訪れしもの」の調査員も全員がクセ強いのです。

このクセ強さが最終話に繋がるポイントです。

 

鋭利なブラックユーモアにあふれている

そもそも、「訪れしもの」=ある超特殊能力の塊魂

これに入りこまれた人たちの描写がすごい!

天からの来訪者である超特殊能力の塊魂(通称:ジェネシス)と

宿主の相性が悪いとスキャナーズの頭爆発パターン炸裂なんすよ。

 

スキャナーズ2 リストア版 [Blu-ray]

スキャナーズ2 リストア版 [Blu-ray]

 

このジェネシスと宿主の相性がどういったことで決まるのか?

ここがわかるとめっちゃ面白いよ~

 

他にも、毎回テレビで流れる

トムクルーズ死亡のニュース」

これもあることの象徴で、その意味…超ブラックっす!!

そして、最終話のラストシーンにかかってくる伏線なのだ。

(よく出来てる脚本やで~)

 

救いを求めて神にすがりまくる偽善者たちの「うっとしさ」

善き人なのです、弱き善き人たちなのですが

救いを求め神に、現実には牧師であるジェシー

すがりまくってくるのです。

毎回、毎回、周囲や家庭や自分への愚痴を永遠に語り続けるのです。

とにかく、神や代理人である牧師に「なんとかしてほしい」と

毎回毎回同じ話をしにやってくるのです。

 

これが、ドラマで見ていても

ジェシーや神が感じている「うっとしさ」が伝わってくるんです。

「自分で考えない、自分で行動しない人が結果だけもとめすがってくる」

私も神社やお寺に行っては

小額のコインをお賽銭箱にいれては

大きなお願いをかますタイプなので反省した。

 

あ…私も神様から相当鬱陶しいと思われてたんだろうなぁと。

しかも私なんて、密教で興味もつまで

その神社、そのお寺にどなたが祀られているのか?知らないで

ご利益だけチェックしてお参りしてましたからね(^^;)

土足で踏み込んで、コイン叩きつけて

「ご利益よこせや~、こら~」って893っすよ、私。

ご利益乞食とかチンピラっすよ(;;)

 

天からの使者がとんでもなくブラック

ジェネシスを回収しにきた天からの使者たち

いわゆる「天使」なのですが

その行動、手法は悪魔と大差ありません(^^;)

 

しかも天使だから不死身なのですが

なかなか「楽」ではないようです。

死に至る痛みを経て、再生する感じ(辛い)

 

天使たちの表情が死んでるところもまた

この作品のブラックユーモアなのでしょうか?

 

最終話:荒廃する町の人々へ神の啓示が!!

最終話で「神にすがる偽善者たちへの啓示」とも思える

展開がまっております。

 

私も、予想外過ぎて唖然とした(@。@;)

そこまでやる!?

ってレベルです。

 

最終話のラスト1カットまで気を抜かないで見てね~

 

ということで

シーズン2へ続く。

 

面白いので「おすすめドラマ」認定しちゃいます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村