プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形と法則:「3」が象徴する「三角形の法則」④BBA感動の創造の実験

 

f:id:mousoumajyo:20210707161216j:plain

ここで無知BBA私が感動した「1が2を通じての創造実験」を紹介したい。

 

 

今日、紹介する話は

22時更新(を心がけている)の【深夜の不思議な世界】で

とりあげる話題にもつながってくる。

 

幾何学模様にこの世界の法則性が込められていると思う私が

見つけた、閃きを与えれくれる1冊

 

 

本当に面白い内容なので

興味がある方は読んでみてね~グッと濃く・面白いが詰まっています。

 

 

◆三角形の法則~理解を深める実験

図形と数が表す宇宙の秩序に書かれていた実験です。

実際に「物質世界での創造」を目の当たりにできます。

”「1」が「2」を通じて「3」を出現させる”

という、この世界の基本的な創造の仕組みがよく分かる。

BBAが感動した創造実験はこちら

f:id:mousoumajyo:20210715111143j:plain

 

※ここに書かれているすべてが重要

 

細くて良くしなる棒⇒「1」ただ在る

棒の一端を固定し、もう一方の端の先に力を加える⇒静と動(不動と動)⇒「2」

この結果何が起きるかというと

良くしなる鉄の棒は

”2つの最も大きく曲がった状態の間で揺れ始め、

音を出しながら振動する”

この時、振動する動きから振動エネルギー(音)が創りだされる。

実際に音が生みだされた!!

 

加えて、BBAが感動したのは

物質が出現するというのは全て

「この高速運動による像」なのではないか?

ということなのです。

例えば「原子」の外殻(外郭)は実際は無いんじゃないって話

f:id:mousoumajyo:20210714155007j:plain

高速で飛び回る電子たちのが

観察者からは「丸く見えている」状態って意味っす。

私たちが視覚で捉える「物」っていうのは実体ではなく、この運動(振動)による「像」(残像ってっちゃうと違うか?)ってこと。

※この話は、今後別の話題でも追っていくかも

 

この世界に在るものは全て「振動」している

自然界に存在するあらゆるものは、

原子から銀河に至るまで すべて振動している。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

原子から全てのモノができてるんだから

原子が振動してれば、原子の集合体であるモノも振動していて当然ですよね。

それぞれの原子の振動は特有のもので他の種類のモノとは異なる

この「特有の異なる振動」により

”物質の様々な性質と関連する現象が生じている”というφ(..)メモメモ

 

「振動の結果、〇〇が現れる」

振動の結果、1が生みだすもの凄いモノとは何でしょうか?

(※突然のクイズです…ふふふっ)

<答え>

振動の結果、

時間と空間が現れます。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

”時間と空間”ですと!

 

こういうことらしい

振動の特徴を表す重要な要素には

  • 1秒当たりの振動の回数=振動数
  • 一周期で移動する距離=波長

の2つがある。

そのため、

世界の振動する性質によって

私たちは時間と空間を体験している。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

ああああああ!

この話は【深夜の不思議世界】の『重力と時間』にも

関わってくるのです。

 

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村