プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形と法則:「2」Twoが象徴するもの~1から2が生じる(創造のはじまり)

f:id:mousoumajyo:20210618160732j:plain

やっと「2」の世界に入っていくよ~

(「1」でけっこう疲れているけど、更なる面白さが待ってるよ~)

 

 

曼荼羅や古代建築やミステリーサークルや自然界に見る

幾何学模様」に込められている法則・意思を読み解きたくて

この本を偶然見つけた運のいい私です。

 

 

古代文明の智やこの世界に潜む法則性を見つけるために

「哲学+数学+自然科学」の視点をもって世界を覗いていきましょう!

 

 

数とは<一なるもの>との関係性を示すもの

「1」というのが

  • <絶対なるもの>とその創造原理<一なるもの>を象徴する
  • 万物のはじまり<一なるもの>はMonad=「・」点で表される
  • <絶対なるもの>は無限の速度であらゆるところを動き回る「・」点
  • 創造者・神とは「〇」円であり、その中心「・」点はあらゆる場所に存在し、神なる円の円周はどこにも見えない

「万物のはじまり」を象徴する数だとわかりましたよね(^^)

<絶対なるもの>とその創造原理<一なるもの>との関係が深い数でもあります。

 

ここから創造されるその他の数というのも実は

f:id:mousoumajyo:20210618163208j:plain

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

「あ~これかぁ、どこか数の世界に自然界の生きてる関係を感じていたのは…」

と、どこか妙に納得し心なしかホッと安心感さえ得た無知BBA私です。

 

数同士(数自体)にも何か深い関係性や法則性がありそうな感じしてましたもの~

 

では、「1」の創造のはじまりを見ていきましょう。

「2」:1から2が生じる

ここで、面白いのは「1」は必要だから「2」を生みだしたという点です。

f:id:mousoumajyo:20210612162444j:plain

「1」は無限の速さで動きまわる点で、創造の中心にありながら表には現れない存在

つまり「1」は創造をすることでしか自らの存在を示せないとも取れますね。

「1」だけでは

<1>は全てのはじまりであるため

他との比較もできず、知ることもできない。

 

(中略)

 

<1>自体を認識する為に、

<1>は創造という活動を成し遂げなくてはならない。

 

そこで<1>Monadは<2>Dyadを生みだします。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

こうして、「1」が「2」を生みだし、

2があることによって1が象徴していた<一なるもの>との比較が可能になり、

<一なるもの>も理解可能となったのです。

 

1が自体を認識する為に、創造活動により2を生み出したならば

1から生じた「2」が持つ「2つのモノ」にも関係性・法則性が働いているはず。

 

と、いうことで

次回は「1」が生み出した「2」が示す「2つのもの」にある関係性を

追っていきましょう。

 

全てのものは「必要があって創造されている」んですなぁ。

だからそこには明確な意図や意思が込められてるわけね。

この世のモノに「無駄なもの」は無いのかもしれない。

 

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村