プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女深夜映画部】「ザ・ブルード/怒りのメタファー」離婚する夫には妻がこうした姿に見えているのか?!トラウマ級だぜ

f:id:mousoumajyo:20181119183550j:plain

今回はトラウマ級の夫婦映画です

今回の映画は幸せな家族は観ないことをおすすめします。

ホラーに耐性が無い方や出産に立ち会って倒れた旦那さんは観ない方がいいよ。

どうも~始まりから注意書きばかりのプロ独女みつまるです。

 

 

今回の映画は「人の狂気」という意味では

上位にくる怖さの映画です。

 

 

 

離婚しようとしている、

離婚した直後の旦那さんから見ると

奥さんはこんな風に見えているのか?!

と震えるトラウマ作品です。

 

虐待の連鎖にも触れており

その治療の中でこうなったのか?

もともと血なのか?

ラストに悲しみが詰まっています。

 

実際に監督自身の離婚直後につくられた映画のようで

監督の奥様への想いが呪怨のように溢れています。

監督にとて夫婦生活がこんな思いだったのかな・・と思うシーンも多め。

 

ただ科学的な分析と心理学的な分析と脳科学的な側面からも

この精神問題に触れているようにも思える作品です。

 

トラウマ級映画に久々に出会ったので

乱文になりますが今日の映画部日記書いていきます。

 

 

泥沼離婚の先に監督が見たモノ:妻と娘への想い

 

ザ・ブルード 怒りのメタファー リストア版

 

ぎゃぁーーーーーーー!!!!!(恐怖に叫ぶ娘)

この1枚のポスターに監督の妻と娘との生活と感情が溢れている。

 

たぶん泥沼離婚裁判後に監督が書いた脚本で

この映画の主人公の夫が監督で

精神を病んで入院している奥さんは監督の奥さんの投影で

可愛いけど壮絶に可愛そうな娘も監督のお子さんへの想いの現れ。

 

しかもこの奥様役の女優さんは

敢えての元奥様に外見に似た女優さんを選ばれているとウワサです。

 

そう思って見ると

映画のラストで娘を守るために夫が妻にとった行動に

ぞわぞわっと鳥肌立ちます。

 

 

最新セラピー「サイコ・プラズミック」感情を外に出せ!

 

妻が入院して受けている最新治療「サイコ・プラズミック」

 

未だ研究途中ともいえる最新のセラピーを試すために

集められた親からのの虐待や育児放棄などにより

うつ病や精神不安を抱える患者たち。

 

この治療を考案した精神科医ラグラン博士のもと

飛躍的な効果をみせたのが主人公の妻なのだ。

 

故に博士の治療にも力が入りまくる!

 

◆サイコ・プラズミックとは?

抑えていた過去の感情を外に吐き出させる治療法。

 

子供の頃、実の母親に暴力をふるわれ虐待されて育った妻は

博士が母親となり言葉をかけることで

当時の不満や怒りを博士に向かって吐きだします。

 

内に抱えた感情を解放して

自分の外に出すことで精神不安の元を断つという事らしい。

 

しかし、こんなことよくある治療でどこが最新なのか?

と思った私に衝撃の展開を見せつけてきます!

 

 

サイコ・プラズミックが感情を物質化する

 

内に秘めた感情の解放や

過去の自分と向き合って過去からの解放なんて

昔からある治療じゃねーか?!

 

と、思ったあなた!

サイコ・プラズミックは感情を言葉で吐きだす治療ではないのです。

実際に物質化して外に出すのです。

治療により患者の身体には吐きだされた感情が

水ぶくれやイボのような形で現れます。

いわゆる腫瘍とされているようです。

 

ホントに、実際に物質化して外に出すのです!

心の傷を実際の腫瘍にすることで

治療しやすくしているのです。

 

なんかすげーーー!

が、驚くのはまだ早いのです。

本当にあなたが驚くのはここからです。

 

 

夫と娘の周りで起きはじめた異変

 

入院中の妻のことろから

戻ってきた娘の身体に無数のアザが!!!

 

「妻に虐待されているのでは?」と疑う夫。

妻の実母に娘を連れていき娘をお願いし仕事に出ると

なんと!

妻の実母が何者かに襲われ撲殺される事件が発生!!!

ここからはじまって

夫と娘の周りで次々と身近な人が襲われ撲殺されていく。

 

  • 妻の母親
  • 妻の父親
  • 娘の学校の若い女性教師

娘も夫も事件の中で犯人に遭遇している。

小さな体の異形の子供だ。

 

1体ではなく複数いるのもわかっている。

 

◆途中息絶えた犯人の1体を警察で死亡解剖してわかったこと

  • 人間に似た形だが人間ではない
  • 背中にエネルギーの袋を持つような構造でそこの中身がなくなると息絶える
  • 歯はなく歯ぐきがギザギザしている
  • へそがない

 

外見は人に見えるが人間ではない何か?なのだ。

 

 

怖いっ

余計に怖いつーの!

 

そしてコイツらに娘はさらわれてしまう(;;)

必死に探す父がたどり着いた先は

妻の入院している博士の施設だった。

 

 

ここから、

ここから先は

心して映画を見ましょう!

 

 

 

 

施設内で女王蜂と呼ばれた妻と彼女に夢中な博士の秘密

 

彼女の治療が進む中

博士はすべての患者を退院させ彼女の治療に専念。

 

しかし、妻は博士の手に負えなくなっていく。

施設の外にでた博士は夫に遭遇し

娘を妻から助ける協力を申し出る。

 

博士は娘が捕まっている2回に自分が助けにいくから

夫には妻と話し合い「愛してる、やり直そう」と言えと。

夫は嫌がるがそれしか娘は救いだせないといわれ

妻と対面。

 

そこにいた妻の姿!!!!

f:id:mousoumajyo:20181127111553j:plain

腹から飛び出した子宮の中で

彼女はサイコ・プラズミックにより

腫瘍を胎児として育て取り出せるのだ!!!

 

すげー三白眼で目を見開いで夫に話す妻がもう恐怖なのだ。

夫にこのでっかくふくれて外に出た子宮を見せながら

自分の子宮をなでキスしたかと思ったら・・

 

 

自分の子宮を噛みちぎって

中から胎児状の自分の怒りの感情取り出した!!!!

真っ赤で血だらけの胎児を舐め回し血をふき取ってあげる妻に

更に鳥肌。

 

 

この妻の狂気に耐えられなくなった夫が妻に

「娘を返せ!」と言ってしまったとたん妻の怒りも爆発!

 

ザ・ブルード 怒りのメタファー リストア版

二階から聞こえる娘の悲鳴!!!

妻の生み落した怒りの子供たちが10体以上いる!!!

 

博士は食い殺され

妻の怒りたちは娘に襲い掛かる・・という地獄絵図。

 

娘の叫び声を聞いた夫は決意する。

妻と向き合い闘う事を。

 

この夫婦の闘いは是非映画本編でご確認を。

 

 

夫婦って怖ぇーーーーーーー!

 

もうやめてあげて

娘の心は限界突破しとるで!

 

 

私論:虐待の連鎖と心の傷と脳の傷

 

ここからは私の勝手な意見をつらつらと。

 

ラストシーンで娘の腕にもあの水泡というかイボが現れるのです。

普段はおとなしい子があれだけ叫んだことで

トラウマが刻み込まれた証かもしれない。

 

虐待の連鎖の暗示でしょうか?

 

虐待を受けて育ったり、

強いストレス状態に置かれると

人の脳は萎縮したりすることはよく言われています。

最近読んだ脳科学本によれば

虐待などにより受けた精神的な心の傷が本当に脳に傷となって現れるという

事も明らかになってきているそうです。

 

脳は特に電気信号走りますから

強いストレス化での感情が

高圧電流にでもなって脳を傷つけちゃうのかな?

 

感情というのは

物質化、物理的影響力持ってるんだと思います。

ストレスが病気を引き起こすように

強い感情もエネルギーとなって変化し人やモノに影響与えるんでしょう。

 

虐待により実際に脳に異変が起きてしまうと

実際に脳に物理的変化を及ぼすくらいの「虐待経験と記憶」から

抜け出すことは難しく

記憶の中にいろいろなトリガーが無数に置かれてしまっている状態なのかも。

倫理的にも心情的にも虐待を自分の子にはしたくないけど

身体の記憶が無意識の先に反応しちゃうトリガーが日常にたくさんあって

特にそれは子供と接している時なんでしょうね。

 

当事者でなければわからない部分。

 

 

追記:監督の理想の夫婦関係もちょっと垣間見れた

 

どっちにしても妻の怒りの子供により妻の父も撲殺されるのですが

この妻の両親の関係に監督の理想がちょっと垣間見ることができました。

 

妻の両親、この夫婦も離婚しています。

妻の母の葬儀でかつての我が家に戻ってきた父は

離婚以来この家に来たが

実は「鍵」はもっていることを娘の夫に話します。

 

「あいつが鍵を変えないでいてくれてね・・・」

と亡くなったかつての妻について愛おしそうに語るのです。

 

そして亡くなった妻の寝室で

ひとりになり号泣。

 

本当は監督もこんな関係を別れた奥さんと築きたいのかもしれない。

妻の母は若々しく美しい老婦人に描かれていたし。

 

いつまでも妻に愛される存在でいたかったのかも。

たとえ、今は妻がこう見えても。

f:id:mousoumajyo:20181127111553j:plain

今の妻は怒りと狂気の怪物にみえても

 

奥さんのこのシーンは超有名なようです。

 

男と女ってわかり合うの大変っすね。

 

ザ・ブルード 怒りのメタファー リストア版

私としては

演技とは思えないこの子役の少女が

撮影によりトラウマを抱えていないことを祈るばかり。

 

 

エクソシスト少女は監督が「精神的なタフさ」も見込んで選んだそうです。

エクソシスト ディレクターズカット版 [DVD]

確かに、

最高の演技とその後もご健在で監督の見る目に驚き。

 

結婚には「覚悟」がいるって独女ながら痛感しました。

世の中の夫婦に敬意を。

一緒に笑い合える関係をキープできてることが既に天才やで!奥さんも旦那さんも。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

syunkonカフェごはん めんどくさくない献立 (e-MOOK)

syunkonカフェごはん めんどくさくない献立 (e-MOOK)

 

 

 

syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ (e-MOOK)

syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ (e-MOOK)

 
syunkonカフェごはん 6 (e-MOOK)

syunkonカフェごはん 6 (e-MOOK)

 

 

 

ほめられおせち

ほめられおせち

 
JUNAさんの幸せ和風ごはん (e-MOOK)

JUNAさんの幸せ和風ごはん (e-MOOK)