プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【トートと私】エメラルド版の旅 (33) 暗黒の師=夜の姿 が見せた「暗黒の中の光群」

あなたは「黄泉の国」や「冥界」にどんなイメージがあるだろうか?

「死者のホール」は意外な姿をしておりました…

 

 

マスターに導かれ、暗き道を降り

「暗黒の師が座せるホール」へと入ったトート

ここで彼らの前に突如現れたのが「夜の姿=暗黒の師」

この巨大な暗黒の師とトートの間にマスターがたち入り

”生命をもたらす言葉を発して”言った、という。

暗黒の師よ、生命より生命と入る道の案内者よ、われ汝の前に“朝の太陽”を伴えり、汝、決して夜の力を以て彼に触れること勿れ。~(中略)~彼の炎を束縛より解き放ち、夜の暗黒にて自由に燃え上がらすべし』

 

どうやら、これでトートは「暗黒の拘束」からも「死」からも解放され自由になったようです。多方面からの許可がいるんやなぁ。

 

この後、暗黒の師が動きます!

その時、”夜の姿”手をあげれば

明々と輝ける一条の光が現れ、

暗黒を押し退け、夜の暗黒からホールがその姿を示した!

そこでトートが観たのは

大空間内に、夜のベールより炎に次ぐ炎が現れ目の前に無数に飛びだしてきた、と。

割とこのイメージあってたのも?

 

その無数の炎はそれぞれに大きさも光の強さ・弱さもバラバラで

それぞれの炎は暗黒のベールに包まれてはいるが

決して消すことはできない光によって輝き”春の蛍”のようだった、と。

 

その炎は”生命と光”を以て空間に充満していた、と云います。

 

人間の魂=火の球(人魂)を見た!って日本古来から伝わる話…

これは本当なのかもしれませんね。

 

アトランティス、ケーム(エジプト)、アメンティー

日本も繋がってたんじゃね!?

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村