プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【トートと私】エメラルド版の旅 (35) 暗黒からの解放、そして光の中へ

暗黒からの解放って…「暗黒の主の言葉」が必要なのか!?

とりあえずトートの場合は これで”夜の暗黒”から解放されたようです。

 

 

アメンティーのホールの中の更に奥深く下へ降りていき

 

死者のホールにて「暗黒の師・死の主」の前に連れていかれ

 

暗黒の主から「夜の暗黒からの解放の言葉」をいただいたトート

『目醒めよ、永遠に内に燃ゆる火よ、燃え出でて夜の暗黒を克服せよ』

と暗黒の師が云うと

暗黒の中の魂の光群の中から

”夜を押し退ける1つの炎が大きく燃え上がった”

それは光以外の何ものも存在しないほど

大きく燃え、ひろがり、輝きを増し空間を光で満たした、という。

 

どうやら、これが「トートの魂の炎」らしく

トートの手を引く案内人マスターがこう述べた。

『汝、自身の魂の光の中にて大となり、今、夜の主より永遠に自由と成りたるを見よ』

 

ここまでに巨大な炎にならないと暗黒から解脱できないのかぁ…

しかも「夜の主」による最終面接あるのかよ(怖ぇ)

 

んで、この後トートは案内人マスターに導かれるままに

光の子らの諸秘密・神秘で満ちる数々の区域を見せてもらい

”光のホール”の光の中にと進んだそうです。

再び”上なる諸サイクルの「すべての主ら」”の前へ

 

そして主らの前でトートは「人々を光へ導く教師に成る」ことを宣誓したのです。

 

ちなみに、この時導かれながら

アメンティーの諸ホールで見た『諸秘密』のことを

トートはこう表現しております。

『人が自ら”光の太陽”となるまで決して知り得ざるものなり』

一体どんだけのことを見たのか!?

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村