プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【トートと私】エメラルド碑板の旅 (52) ここから「我が智恵」の本番やで!

これまでの教えは何やったんや~って一瞬ズッコケましたが

どうやら「我が智恵 第二層」へ入っていくようです。

 

 

「人の視覚の非同一性」~「無限の火のイマイマに変化性」について

語った後のトートの言葉はこちら

私はこの部分に「かくして」と「なんとなれば」の解釈に迷っている…

 

「かくして」=このようにして

「なんとなれば」=なぜならば

 

という風に意味を測っているが

「かくして」が前途の『どこまでの範囲に掛っているのか?』

「なんとなれば」も この直後に掛っているのは間違いないが、

『その先々にまで掛っているのではないか?』と(‘~‘)

 

「なんとなれば」の後はこう続いているのです。

”なんとなれば、

人は夜の中に輝く燃ゆる光にして、

暗黒のベールにては決して消されず、

夜のベールにては決して消されざるものなればなり”

 

私の中では

「暗黒のベール」=「夜のベール」なのですが

もちかしたら「≠」なのかも??

 

暗黒のベール=我の魂を包もうとする「闇」、

夜のベール=「死」なのかもしれません(‘~‘)

 

んで、ここで止まっていては先はまだまだ長いんで

とりあえず一連のこの部分を

『これから、我が智恵について マジで語っていくから 心して聞けよ』

ってことやなと私訳しました(^^;

 

トートが地下世界に入り見た「智恵(第二層)」編に突入や!

そんなことだと思われます(たぶん)

 

「人の本質は夜に輝く燃ゆる火(光の魂)」ってことを

これから我々にもわかる様に語ってくれるんじゃないかの~

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村