プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【不思議な世界】別世界への入り口~③ペルー チチカカ湖半にある「神の門」

f:id:mousoumajyo:20211225162503j:plain

これは、まさに石(鉱物)でできた「スターゲート」ではないか!?

「どこでもドア」かもしれない…でも、行ったきりっぽいからなぁ

 

 

非常に興味深い「神の門」の話はこちらで

『古代の宇宙人』シーズン2 第3話

 

別世界への入り口

別世界への入り口

  • ジョルジョ・ツォカロス
Amazon

 

 

ペルー チチカカ湖半にある「神の門」

ペルーといえば神秘的の地である。

 

 

そんな神秘の国ペルーのチチカカ湖半に

非常に不思議な岩の壁があるのだ。

その岩の壁には綺麗な直線で彫られた「神の門」と呼ばれる扉(凹み)がある。

 

今でも祈祷師たちがこの地に集まる

不思議な力が信じられているのだ。

 

神の門は我々の目で見る限り「扉」ではなく彫られた「凹み」だ。

でもここは「神の門」と呼ばれ、「扉」だと祈祷師たちはいう。

 

インカの伝説によると

”黄金の円盤を王が門にはめると、異次元の門が開いた”という

 

スターゲートじゃない!?

さらに伝承によれば、神の門から異次元へ向かった王は戻ることがなかったという…

行ったきり⁉

 

「神の門」はスターゲートか、どこでもドアか?

神の門はインカの伝説によれば「異次元の扉」っていってるので

スターゲートっぽい。

 

 

 

でも世界各地の古代文明にいろいろと共通点も見られることから

「どこでもドア」みたいな移動装置だった可能性もあるんじゃなかろうか?

 

王族が「行ったきり」の異次元の扉をそうそう活用するとも思えないし…

量子テレポテーションとは違う、瞬間移動ってか瞬時移動が可能だったらいいな。

 

量子テレポテーションは

量子分解して構成要素を移動地で再生成するわけでしょ

それだと私Aが量子テレポテーション先では再生成された私A-02になっちゃう。

だから空間を引っ張ってきて繋げる(空間接続)する「どこでもドア」のが

オリジナルの私がそのまんまで行けるわけよね。

 

インカ文明時代にドラえもんの道具の発想が実現してたと思うと

古代文明=未来人・宇宙人の技術説…可能性たかまるわぁ

 

チチカカ湖で目撃されている謎の光

チチカカ湖では昔から

  • 妖しい光(発光体)
  • 湖から出てきた円盤(飛行体)

が多々目撃されているそうです。

 

やはり「水面」は潜象界との境界・界面なのかもしれない。

だとしたらチチカカ湖は地底(地球の内部宇宙)世界との門で扉かもね~

 

 

わくわくすっぞっ

ペルー…一度いってみたいですな。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村