プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの不思議な世界】古代の宇宙人~出エジプト記の「マナマシーン」

f:id:mousoumajyo:20210420153221j:plain

アクァッホスレから「古代文明と宇宙人」の関係に興味津々なBBA私です。

古代の叡智が現在を凌ぐモノだったのでは…という思いが膨らむ

 

 

そんな私がはまっている

大真面目に「古代文明と宇宙人の関係」を追っている人気番組

ヒストリーチャンネルの『古代の宇宙人』

 

シーズン①第3話:証拠を是非ご覧ください

証拠

証拠

  • メディア: Prime Video
 

 

今回は出エジプト記に関わる謎へ迫るよ~

 

 

出エジプト記~砂漠での40年間

 

旧約聖書 出エジプト記 (岩波文庫 青 801-2)

旧約聖書 出エジプト記 (岩波文庫 青 801-2)

  • 発売日: 1969/01/16
  • メディア: 文庫
 

 出エジプト記といえば「モーゼの物語」ですよね。

私はあの海が2つに割れるシーンを映画で見た記憶がよみがえってきます。

 ⇓

十戒 (字幕版)

十戒 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 なぜかあのシーンだけ知っているし、印象に残っています。

ザックリと言うと

エジプトで奴隷として酷い扱いを受け、迫害されていたイスラエルの民を

モーゼが導き助け出すお話ですが、そこはもう困難の連続なわけです。

 

モーゼも苦労の連続だったようですが

モーセの生涯 (「知の再発見」双書)

モーセの生涯 (「知の再発見」双書)

 

 

なんとユダヤ人は40年間も砂漠で生活していたというのです!

逃げてやってきた砂漠でどうやって40年間も生き延びることができたのでしょうか?

食糧や水はどうしたのでしょう?

 

出エジプト記の研究者によると

人々は「マナという植物で食いつないでいた」というのです。

 

マナって何?

 

砂漠生活を支えたマナとマナマシーン

砂漠に逃げてきたユダヤの人々の40年に及ぶ生活を支えたのは

「マナという植物」であり、そのマナは「マナマシーン」により

造られていたというのです!!

 

出エジプト記の研究者によると

マナに関する記述に

”日のおいたるものから 与えられたモノ”

とあるそうです。

 

日のおいたるもの⇒日の老いたる者⇒太陽人か!?

(※BBAの予想)

 

更に、マナという植物は

日のおいたるものより与えられた

「マナマシーン」で造られていたというのです。

マナマシーンの仕組みもまた興味深いの。

 

空気中の水(水分)を使って藻の培養をする機械で

小さな原子炉で造られたエネルギーを使って動かしていた

っていうんですよ(@。@;)

 

小さな原子炉…凄くない!?

その小さな原子炉つーのは「契約の箱」に入れられ運ばれていたんですって。

契約の箱キタ~!!

 

マナマシーンはクロレラ培養機!?

研究者曰く、マナマシーンってのは現在でいうところの

クロレラ培養マシーン」なんだって

 

オリヒロ クロレラ100(細胞壁破砕クロレラ配合) 1550粒

オリヒロ クロレラ100(細胞壁破砕クロレラ配合) 1550粒

 

NASAでも研究されてて

クロレラだけで何日も生きていけるらしい。

 

砂漠の日照り、強い太陽光をうまく使った機械だったのかもしれない…

太陽の核技術を使ってたのかなぁ

ムーア人の話を聞く限り、太陽系じゃない異星人の可能性大だけど)

 

 

 

やはり、古代の人々は我々以上の叡智に触れていた気がしてならない。

しかもなんか普通に「天からやってきた存在」と交流してるし…

 

今もどこかにこの「天からの存在」と交流しいている人達いそうだよね。

と、思って私が行き付いたのはチベットなんですけど(^^;)

 

話が止まらなくなっちゃうんで

今日はこの辺で~

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村