プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの精神修行】日常生活は禅修行~般若心経④「度一切苦厄」を解読

f:id:mousoumajyo:20201006143541j:plain

武士道で心に芯柱を得て、

更に周囲からの影響でブレナイ心の平安を手に入れるため

禅の教えに触れているBBA私です。

 

 

禅の言葉から学び、

生活習慣改善に取り入れようと

「般若心経」を読んでみて唖然とした私です(^^;)

 

たった262文字で書かれているのに

内容が深すぎて…意味がすんなり理解できない…

 

ということで

一日一節ずつ読み解いていくことに。

 

 

 「度一切苦厄」を分解

塊だと理解できないので

因数分解(?)して1つずつ

読み解いていくことにします。

 

BBAは3つに分けてみました。

  1. 一切
  2. 苦厄

 

では、1つずつ意味を読み解いていきます。

 

①「度」とは?

どうやら仏語の「度」とは「渡す」という意味のようです。

「どこへ」渡す(渡る)のか?

「迷い・苦の世界から悟りの彼岸へ」

渡ること・渡すこと

悟りの彼岸へ渡る「度の順序」も既にわかっているらしい

①発心→②修行→③菩薩→④涅槃へ至る(4段階)

ということから仏語でいう「度」には

  • 仏が衆生をすくう
  • 道理を説いて納得させる

という意味があるという。

φ(..)メモメモ

 

②「一切」とは?

「一切」は普段から馴染みある言葉

  • すべて
  • 全部

こういった意味で使ってますよね。

 

また副詞としての「一切」は

“後に打消しの語を伴って”

全然~ない、まったく~ない、といった意味になりますよね。

 

③「苦厄」とは?

ふだん使っている言葉からイメージするに

「苦しみや災い」ですよね。

 

でも、BBAは先に四諦八正道から入っているので

仏教が指す「苦」とは「四苦八苦」であり

非常に深い意味を持つことを知っております。

⇓ 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

 では「厄」をもう少し掘り下げてみたいと思います。

  • 災い
  • 災難
  • ふりかかってくる不幸なできごと
  • よくない巡り合わせ

 

苦が「苦しみ」や「苦痛」など感じる心と状況であるのに対しい

厄は「天から降りかかってくる」禍のことを指すようです。

病、疫病、天災、など。

 

まとめ:度一切苦厄とは?

※これは今現在の私の理解できる精一杯です

 

般若心経の語り手が菩薩様なので

観自在菩薩様が

この世のあらゆる苦しみや災厄から救われる悟りの道を示された

と、これから「そのことについて」更に詳しく

語ってくれますよ~って前置きらしい。

 

もう既にこの前の一節で

「照見五蘊皆空」って核心を語ってますものね。

 

では、また~第5節に続く

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村