プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】Don't be silly.~バカ言うな!

f:id:mousoumajyo:20210807133120j:plain

このセリフを挟んでの前後のやりとりが面白いのよ~

使える英語フレーズも「状況」が大事☆

 

 

日常英会話のフレーズ集めにおすすめな海外ドラマ

 

ビッグバン★セオリー<セカンド>セット1 [ ジョニー・ガレッキ ]

 

 シーズン②第2話より

友情と愛情の法則

 

史実に忠実でない、もはや単なる「時代祭」状態を嘆くシェルドン…

そんな「史実との整合性」の追求はついにレナードにまで

「鎖かたびらの衣装がパンツに食い込んでチクチクする」

(だから早く鍵を開けて、部屋に入れてくれ~)

というレナードに対しシェルドンの目が光る

You're wearing modern underwear?

(現代の下着を着てるのか?)

 

「そうだけど」「君は?」と返すレナード

きっちり男シェルドンの回答は

「史実に即した麻(linen)の下着だ」

 

レナードが「わざわざ麻布を買ったの?」と聞くと

驚きの返事が

Don't be silly.

(バカ言うな)

I borrowed one if your pillowscases.

(君の枕カバーを借りた)

 

これを聞いたレナードが叫ぶ(^^;)

Borrowed?

「借りた?? まさか返すつもりか!?」

 

私は「(勝手に)借りた?俺の許可も無く?」って意味かと思ってたんですが

字幕や吹き替えだと「返すつもりか?!」ってこっちの驚きと嘆きになってました。

※この辺、慣れないと感覚がつかめない

 

なんだかんだ言って、シェルドンのこういった行動を許してしまうレナード

友情って凄い寛大だなぁ~

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村