プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】「おうちデート」における同居人との攻防~「~時は喜んで2人きりにするよ」

f:id:mousoumajyo:20210811131005j:plain

「どうして僕がどこかに行かなきゃならないの? ここは僕の家でもある」

というシェルドンの抗議にたいして、レナードのターン

 

 

英語慣れにおすすめの海外ドラマ

 

ビッグバン★セオリー<セカンド>セット1 [ ジョニー・ガレッキ ]

 

 シーズン②第2話より

友情と愛情の法則

 

シェルドン:

But why should I leave?

This is my apartment too.

(なんで僕が出てかなきゃいけないの?

ここは僕の部屋でもあるのに)

 

これに対するレナードのターン

I know it is.

(それは、わかってるよ)

If science ever discovers a second member of your species and you two would like some privacy, I'd be happy to get out of your way.

(科学の一大発見が起きて、君の同種が見つかって、君たち二人が望んだ時は

 僕は喜んで君たちをふたりきりにするよ~)

 

失礼な言い回しに思えますが、

シェルドンは実はこの表現を気に入っております。

常々「僕に同類なんていない(僕レベルの人類は他にいない)」

って言ってるしね(^^;)

 

なるほど~これが「交渉術」ってたつかぁ。

このレナードの発言に対するシェルドンの反応は!?

このシェルドンの反応をみて、

私は「交渉のコツ」「要求を呑んでもらうコツ」を掴んだ。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村