プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】自分を弁護~「それには異論が、僕が一番もまともだったよ」

f:id:mousoumajyo:20211218171323j:plain

この強さ…見習いたい。

いつも周りの顔色や空気をよんでは合わせてしまう人は

シェルドンの強さを少し身に着けると楽になるかも!?

 

 

生き方までも学べる(?)海外ドラマ

「ビッグバンセオリー」はこちら

シーズン①第1話はこちら

 

今回のシーンはシーズン2の第4話より

 

 

f:id:mousoumajyo:20211218164916j:plain

「何を謝るのさ」という事からはじまり

「君の態度が最悪だったからだろ!」と強めに言われたシェルドン、

「昨夜の君は大馬鹿野郎だった!」とまで言われたシェルドン、

ここで「異議あり!」といえる強さが彼らしさなのです。

Oh, no, I beg a differ.

(それには異論が)

Of the three of us, I was by far the most supportive.

(我々3人の中で、僕が一番まともだったよ)

⇒一番、彼に協力的だったよ。

 

ここからシェルドンのターンなのですが

さすがに弁がたつわけです(^^;)

なんか納得しかけたんですが、レナードが上手くまとめてくれた。

 

シェルドンの扱いにかけては天才的なレナード、さすがです。

 

シェルドンの2対1でも自己弁護を悠然と行える姿にも感心

さすが自己主張の国だぜ~

自分の意見を押し殺さないってのは大事かもですな。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村