プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】バカップルの激ピンクな世界に中てられた人たちの反応

なるほど、こんな時はとっさにこう表現するもんなのかぁ

是非とも「げっ!」とする場面に遭遇したら言いたいですな。

 

 

学校では教えてくれない実践的な英語表現が学べる

おすすめ海外ドラマ

 

シーズン⑫まであって、ずっと面白いです。

 

 

今回のフレーズはシーズン2の第6話より

物理オタクと女学生の法則

※プライムビデオで視聴できます

 

シェルドン激ラブ女子大学院生のラモーナが

シェルドンの「助手」と称して

なにかと彼の世話をしまくっている中で

ペニーは衝撃的なシーンを目にする!

ソファに座りパソコンに向かうシェルドン

そんな彼の足&足の爪のお手入れをしているラモーナ

 

預かっていた荷物を届けに入った部屋で偶然見てしったのだ。

驚きで動きと思考が停止するペニー

”Sorry.”

と、言い捨て急いで部屋の外にでると

閉めたドアにもたれながら

”Holy crap on a cracker."

(マジ、気持ち悪い…)

※今にも吐きそうな表情で

 

つづいて、部屋に入ったレナード

ラモーナに足のお手入れをされているシェルドンを見て

”Ooh, boy."

(ウソだろ、マジかよ)

※「やめてくれ」のニュアンス含有

 

ちなみに

「Oh, boy」「Oh, man」というのは

”何か良くないことが起きた時”に「マジかよ!?」「くそっ」「しまった(><)」

っていう気持ちを表現した言葉なんですって。

 

私としては「げっ」って思った時に使うつもりっす。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村