プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第27首~①イハクスユマリとは?

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

第27首に入るので、先に変な気付きをボソッとつぶやいておきます。

このウタの内容…よーの予言の「人間は植物だよ~」に通じるものがある。

 

 

 

カタカムナ第27首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220306164855j:plain

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

カタカムナ第27首】

イハクスユマリ アマナクニヌシ

ワレムスビ イホクニツマリ

ヤヘモコロ

 

だんだんと「わかる言葉」が目につくようになってきたのではないでしょうか?

わくわくしながら解読へ進んでいきましょう☆

 

◆「イハクスユマリ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220306165325j:plain

  • イ(伝わるもの、陰、あらゆる生命体を構成する最初の最小のハジマリ)
  • ハ(引き合う、正反)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ス(一方へ進む、透けた目には見えない存在)
  • ユ(湧き出る、諸々の現象に出現する)
  • マ(間、真、現象界の間、受容)
  • リ(離れる、対向発生)

ここから音をかさねて「言葉」にして解読を

 

◆イハクス+ユマリ とは

”イの正反が引き合い(ハ)、

自由に引き寄り(ク)方向性を以って進み(ス)

湧きだす(ユ)粒子・球(マリ)”

 

「ユマリ」

=現象の間(オ・六方環境)に湧きだす「オホ」したマカから

分離発生した粒子・球

 

この「マリ」という表現が今回なんか以上に気になって

私なりに考えてみたのです。

「ツミ」と「マリ」の違いを考察

同じように現象化を起こす「粒子」をさしている言葉(音)ですが

「どんな違いがあるのか」気になりませんか?

 

私は第27首を解読していくなかで

「この点」がめっちゃ気になったのです。

 

私の中ではこんなイメージです。

ツミ「・」<マリ「◎」

マリの方が大きい

ツミは個々のミ粒子ですが

マリはそんな個々粒子がいくつか纏まって大きな球になった粒子

だと思うのです。

 

ただ、「イハクスユマリ」の「ス」の音が示すように

目に見えない潜象・潜在の極微粒子っぽいので

我々の五感で認識できるレベルの違いではないようですけど。

 

でもね、ここでツミが纏まってマリとなったと考えたら

このイのマリが「生命(現象)の実」に見えてきたのです。

 

ウタ全体を詠み解いてから

「まとめ」でもう一度ここは詳しく触れようと思います。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村