プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第33首~⑤オキミツゴ(ミツゴマリの生成)

なるほどね~こうした流れによって「ミツゴマリ」は生成されるわけかぁ

意外と丁寧に解説してくれる「カタカムナ」の親切さ…

 

 

 

カタカムナ第33首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第33首】

カムナガラ エヒメサヌキヂ アワトサヂ 

アメノオシコロ オキミツゴ ツクシ トヨワケ

ヒノクニクマソ イヤシロチバ イキツサキヨリ

イヤシロ コトサトリ

 

アメノオシコロ⇒オキミツゴへ

なにが示されているのでしょうか?

 

◆「オキミツゴ」一音一音の示し

  • オ(奥深く、広がる、環境、六方環境)
  • キ(気、エネルギー、発生)
  • ミ(実、実体、光、生命力の実質、ミ粒子)
  • ツ(集まる、個々粒子、津々)
  • ゴ(転がり出入、コロコロ回転運動、くり返しの動き・働き)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆「オキ」+「ミツゴ」とは

カタカムナ文字の示しの通り「オキ」+「ミツゴ」で解読を

 

●「オキ」とは

”環境から発生、現象の環境場(オ)に(エネルギー)発生(キ)”

という根本的な音の示しの意味を持ちつつ

 

更に「オキ」という言葉は”立体化=立体発生”

という意味が強いのです。

 

そんな立体化して出現したエネルギー体とは?

●「ミツゴ」=ミツゴマリ

「ミ粒子」が集まり、回転運動をしながら纏まったミツゴマリ

確かに「キ」が集まって纏まって粒子状になっておりますね。

 

◆ミツゴマリ生成過程「カムナガラ~オキミツゴ」

根源無限の力のカカワリ(カムナガラ)によって

ウツシ繁栄力をヒメた「サヌキ」と「アワ」力が発生し、

サヌキとアワの重合+干渉・差の発生が持続され、

アメノオシコロ(アのメを持った生命・現象化粒子が環境場に示され)

それが「オキミツゴ」に成っていく、わけですな。

 

こうして素粒子の派生+纏まりがつくられるってわけかぁ

結構わかりやすいよね、カタカムナの智恵すげぇ~

 

ここから更に詳しく「発生の原理」が示されていくよ~

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村