プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女の婚活体験】婚活女子も高望みだが婚活男子の要求もすごい~共働きで家事も子育てもこなして俺の親の介護もよろしくという要求

お題「恋バナ」

 

f:id:mousoumajyo:20181023174349j:plain

婚活市場は男性不足で結婚したい男性優位な市場です。

そんな中、婚活女性が高望みと言われる世の中のイメージ先行していますが

婚活男子の要求もなかなか高いのですよ!

私の経験したリアルガチの婚活男性の要求に「結婚て・・奴隷契約や!」と思た話を

今日は秋のホラーとして語りたいと思います。

 

 

 

 

どうも~プロ独女みつまるです。

夢追いモラハラ・アスペ・ニート彼氏との恋愛に疲れて別れを決意した後

婚活をギリギリ30代崖っプチではじめた時に出会った男性との話です。

 

ナルシスト彼氏

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

と別れてから婚活で出会いデートした男性との話です。

 

出会いは婚活パーティー

40代後半のアラフォー男性でしたが

その世代でモテキャラと思われる男性でした。

 

 

婚活パーティー後の初デートで結婚後の要求の嵐!

この経験は私の中で世間をしるよいきっかけにもなったし

彼のことは尊敬している部分もあるのですが

「婚活ってこういう事なのかぁ・・・」

「結婚って・・・嫁って・・・奴隷やん!」

と思った話。

 

婚活パーティー後にはじめて二人でデートした時に

彼は仕事の話を熱く語ってくれました。

家業を継いで経営者となったばかりで

「経費削減」のためにいかに工夫しているか

熱く語ってくれました。

 

長く付き合って別れた夢追い哲学男な元彼が

社会に文句ばかりの人だったので

「仕事に誇りを持ってる人」というのは私の婚活条件だったので

大歓迎で仕事&経費削減話を聞いていたのです。

 

が、この先から

背筋も凍る展開になっていきます。

 

私もその人も一人っ子同士だったのですが

彼はいきなり結婚観について話しだして

結婚で奥さんに期待することをばーーっと語ったのです。

 

 

  • 自分もいい歳で親も歳をとってきたので親の世話を安心して任せたい
  • 自分は仕事に専念したい
  • 奥さんにも働いてほしい
  • 子育てもしっかりやってほしい

 

ざっとこんな感じです。

まだ「好き」にもなって居なくて「いいな~」くらいの男性に

いきなり初めての食事でこの話をされビックリしたのですが

出会いの場が「婚活」だからこういった感じなのかなぁって思ったんですよ。

 

 

で、もちろんもともと好きな男に「尽くす」ことでは定評のある私ですから

結婚したら旦那の親は自分の親と同じ、

旦那の家族は自分の家族!くらいの意気込みはあるのです。

むしろ自分が両親と仲がいいし、苦労した両親に親孝行したい派なので

親子関係が複雑な人より大歓迎だったのです。

 

 

ですが、

気になる部分もあったので質問してみたのです。

 

 

「私の両親も高齢になって倒れたら介護に実家に帰ってもいいですか?」

 

「もちろん、結婚したら夫の両親も自分の親と同じなので

介護は任せてください。でも私もひとりっこなので、

両親が高齢になって介護が必要になったら実家に帰るか、

通いで世話しに行ってもいいですか?」

 

こう彼に質問したのです。

車で50分くらいの実家感距離だったし、

自分の親を大事にしている人だったので

私は当然笑顔で「いいよ~」って言ってくれると思ってました。

 

 

が、彼の反応は

私の質問を聞いたとたん

めちゃくちゃ「えっ?!」っていう怪訝な表情になって

その後無言だったのです。

 

 

そしてバカな私はやっと理解したのです。

 

マジか!!!!!

嫁って家事こなす家政婦兼、

義両親の献身な介護者兼、

家庭の働き手兼

善き妻、良き母でないといけないのか!!!!!

しかも自分の実家は捨てなきゃアカンのかい?!

 

まだ好きにもなっていない男の要求に

血の気の引いた瞬間でした。

 

 

嫁という奴隷を求める男性もいる

 

嫁=家にもらった奴隷(家族の中でも最下層の働き手)

 

こういった認識・・・いまだに色濃くあるんだと思います。

 

「月曜から夜更かし」のスペシャルで桐谷さんの婚活続報やってたんです。

桐谷さんの家がまたゴミ屋敷化していることにマツコが

婚活よりもまず「家政婦さんお願いして家をキレイにしたらどうですか?」

っていったら!!

 

桐谷さんは「婚活、嫁さがし話」をはじめたんです。

マツコと村上君は気づいてないのか

ワザとスルーしたのか不明ですが

私は恐怖に震えましたね。

 

嫁=愛の名のもとに家事をこなし、夫との夫婦関係もこなす万能戦士という

思想が垣間見えて怖かったです。

 

 

完璧な家事や義両親の介護や善き妻も共働きも

旦那さんに愛があれば頑張れるし

踏ん張り聞きますが

 

そこに子育ても加わってからの~

「俺は仕事に専念したいから」と家事と育児と介護は君に任せた宣言に

「私の両親が介護必要になったら」話で今の段階で

あんなに嫌な顔されたら~

もう無理ですよ。

 

 

そんなに期待されても無理ですよ。

私、まだあんたのこと好きでもないし。

 

 

婚活って怖いな・・・って思いました。

 

 

 

その後もいろいろあって今は独身を満喫中

 

その後、

今度はある感情的に責めてきて

まったくもって論理的話し合いができない人や

いきなり超上から目線の人など

出会いでビックリする経験をかさねながら

 

「独身も楽しいね」に至っております。

 

 

婚活というのは要求がついつい先行してしまう場なのかもしれませんね。

男女共に要求が高いぜ!!!

 

私、恋愛前のめり

恋愛するとバカになるタイプですが

好きになる前はめっちゃ恋愛に冷めてるんですよね。

自分第一ですし、

要求ばっかの奴とか

「は?! ふざけんな、失せろ」くらいに思える性格の悪さなんで。

 

私は自分で結婚向いてないのも自覚ありですが

どこかで奴隷のような嫁生活を強いられている

女性がたくさんいるのでは・・・と心配しています。

 

私が婚活で遭遇したこの男性や

桐谷さんのような悪気もなく無意識で

自分のために献身的に身の回りの世話を

しつつ善き妻、良き母、善き嫁を

期待している男性・・・どのくらいいるんでしょうね??

 

 

先輩女性たちが長い時間と歳月をかけて

達とってくれた「女の自由」を満喫するのも

私の生き方かも・・と思い始めているプロ独女みつまるです。

 

 

「家ついていっていいですか?」を昨日みたんですが

家族のために家庭の奴隷状態の旦那さん、パパ、男性もいるので

男性にも結婚=奴隷は当てはまりますね。

※この時に取材のご夫婦も出会いは婚活(結婚相談所)ですって

 

 

利害関係を越えて

思いあえる関係を築けるパートナーを求めて

100歳まで走り抜けようと思います。

 

 

共働きで

家事もこなし

子育ても頑張り

義両親も大事にしている

奥さんたち・・・・・本当に尊敬します。

 

なんか・・・ありがとう。

日本の根底を支えてくれてる気がします。

ありがとう。

 

 

センチメンタルな独女みつまるでした。

またね~

 

今週末はプチ断食するかも?!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

優光泉