プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】デッド・オア・リベンジ~感想:因果の果て、復讐の果て、そこに在るモノ

デッド・オア・リベンジ

えええ!! ってのが3回くらいあった映画です。

「地雷って…そんな仕組みだったけ?」という疑念が渦巻き

途中ストーリーに集中できなかった部分も…悔しいです(;;)

 

 

男2人と女1人の仲良し(?)三人組でのハイキング…からはじまります。

 

 

 

映画 デッド・オア・リベンジ~あらすじ

金髪美女アリシアとイケメン彼氏ダニエル、

ダニエルの親友クリスは3人でトレッキングへやってきた。

 

3人がトレッキングに訪れたのはジョージアの人里離れた山。

実はこの地はかつてグルジア戦争で地雷がまかれたエリアだった…

 

アリシアとクリスは実は一度「体の関係」をもってしまい

クリスはアリシアに本気だが、

アリシアはダニエルにプロポーズされたことで

「あれは過ちだった」とクリスを突き放す。

 

トレッキングを楽しみ

ちょうどいいキャンプ地を探しテントを張り夜を迎える。

カップルはテントでイチャイチャ、そんな2人を悲しげに見つめるクリス…

 

翌朝クリスが目覚めると

3人の荷物を漁る怪しい男に遭遇!

すぐに男に飛びかかり揉めていると

アリシアとダニエルが慌てて止めに入る。

 

クリスが飛びかかった男は2人の知り合いで

カメラ係りの依頼を受け遅れてやって来たデビーだった。

 

さっそく、3人はデビーに山での記念写真を1枚とってもらうことに。

デビーの誘導で撮影場所を動いていた時、

クリスが何かを踏んでしまう…それはこの地に残された地雷だった。

 

「少しでも動けば爆発する、動くな!」とデビーに言われ

身動き取れないクリスと、パニックになるアリシアたち。

 

デビーとダニエルは救助を呼びに行き、

残されたクリスとアリシアはこの後…

ダニエルを裏切った報いを受けることになる。

 

それはふたりにとって地獄の時間のはじまりだった。。。

 

※以下、ネタバレ有の感想・考察となります

 

◆「不貞の罪」からはじまる怒りと復讐の連鎖

本当にこの世は「因果の法則」で動いてるなって思える展開です。

すべてのはじまりは、

アリシアとクリスによる「ダニエルへの裏切り行為」です。

 

結婚し将来を共に…と思っていた彼女からの裏切り、

親友だと思っていた男友達からの裏切り、

ダニエルの心は怒りと憎しみでいっぱいで

「赦し」なんてものは消え去ってしまっていた。

 

クリス以外の男たちから口々に「アバズレ」と呼ばれた

アリシアの最期は「不貞の罪」への因果応報なのか…

女としての屈辱に満ちたモノでした(;;)

 

でもアリシアを恥辱したのは、はじまりの「不貞の罪」とは

全く関係のない通りすがりの地元の猟師だったのです。

しかし、この出会いもまた「因果の繋がり」となってしまうのです。

 

こうして、アリシアとクリスの「不貞の罪」から始まる

因果、復讐の連鎖は「本来関係ない第3者を巻き込み」ながら

どんどん暗黒沼へ堕ちていくのです。

 

◆因果の果て、復讐の果てに在るモノ

これはラストシーンの彼の表情を見て、感じて欲しい。

復讐を”倍返しだ!”

した、し終えた彼の「あの表情」がすべてを物語っています。

 

彼の表情+母の叫び声

 

復讐の念が大きくなっていくと

相手により大きな苦痛やダメージを与える為に思考は向かい

「相手の家族」をも巻き込んでいってしまう、という恐怖。

 

恨みは1000年に及ぶと聞きますが

本当に先代からの因果により

まったく関係のない子孫まで呪いが及んでしまう。

まさにこの復讐の果ての「最後の犠牲者」はそのひとりなのです。

 

正しく生きていても、愚かな近親者により

一緒に地獄に引きずり込まれてしまう…それが現実なのか。

 

「赦し」というのは、この復讐の連鎖を断ち切る為に必要なんですね。

「赦し」なんて、悪のやり得やん!とか思ってましたが

「赦し」とうのは罪なき人を巻き込まない為でもあり

人生を「復讐」にささげ犠牲にしないためなんですな。

 

◆「地雷ってこんな仕組みだったけ?」

地雷を踏んで、身動き取れなくなったクリス。

この「動けない」状況により悲劇がどんどん大きくなっていったわけです。

 

しかし、私の頭の中では

「地雷ってこんな仕組みだったけ?」という思いがモヤモヤ。

踏む=即爆発 じゃね?

 

脳内で必死にあの映画のことを思い出していたのでした。

 

 

 

この私の疑念は、作中の思わぬ人物により晴らされることに(悔しいです)

しかし…あのエロじじぃの妻娘は綺麗だったなぁ…なぜや!?

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村