プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の神様は面白い】⑥国之常立神(クニノトコタチ)~国土形成の根源神

f:id:mousoumajyo:20210725135843j:plain

天地創造から国土形成へ

遂に大地・日本創造がはじまるよ~

 

 

ということで、どんどん物質世界の想像へ話が進んでいく

オラ、わくわくすっぞ

IMAGINATION WORKS ドラゴンボールZ 孫悟空 約180mm ABS&PVC&シリコン製 塗装済み可動フィギュア

IMAGINATION WORKS ドラゴンボールZ 孫悟空 約180mm ABS&PVC&シリコン製 塗装済み可動フィギュア

 

ということで対に別天神の後に

まず最初に登場した「国之常立神」だよ~

 

 

第6の神:国之常立神

今までの宇宙の創造エネルギーのような神々は

主に「天」の創造活動に忙しかった。

造化神三神~第五の神:天之常立神までが「別天津神」となります。

 

そして、その後に現れる根源神たち(神代七世)の中で

まず最初に現れたのが「国之常立神」です。

 

ここで、イメージしやすいように視覚化しておきましょう。

f:id:mousoumajyo:20210727131120j:plain

※私の中にあるクニノトコタチ神のイメージ

 

神代七世の第一代目の神です。

基本的にここまての天地開闢(=天地創造)の話はおもに

古事記」に書かれている内容です。

日本書紀だとまたちょっと内容が違う

 

 

 

国土形成の根源神で独神

別天津神とその後に現れる2神までは

みんな独神で「男神・女神」の区別はない。

私の認識では、「宇宙の創造エネルギーの神格化だから」だろう、と。

天地開闢のはじまりに出現する最高位の神7柱は皆独神で

天界に棲む神々でもその姿をほぼ見ることがないほどなのだ。

故に私が描く視覚化イメージでも擬人化はできていないのです。

 

国之常立神はそうした日本の神々の最高位グループに属していて

「万物の生命活動&国土形成の根源神」なのです。

 

第5神の天之常立神が「天界の恒久性・永久不変の空間であることの象徴」でした。

第6神の国之常立神は「生命活動・現象が営まれる国土・大地の永遠性を象徴」しています。

この意味で第5・第6の神は対にあるともいえる。

 

国土形成の根源神であるため、だと私は思っているが

日本書紀」では天地開闢で元々1つの混ざり合った混沌であった

天と地が分かれ、神が生まれる。

その最初に生成された神が「国之常立神」なのです。

日本書紀では第1神なのだよ(‘v‘)

 

 

 

国土形成・日本のはじまり…で考えるなら

確かに国之常立神が「最初」であり「トップ」ですね。

 

映画メッセージと「国之常立神

日本書紀」によると

この世界のはじまりの太古、

天地と陰陽が分かれておらず混ざり合い混沌としていた。

その混濁から「清浄なモノは天」へ「重く濁ったモノは地」となり

天地ができたそうです。

 

そして、地が固まった時、天と地の間に

”まるで葦の芽のような形をして現れた”

(これが国之常立神なんですって)

これを聞いて、すかさず「葦の芽」を

画像検索してみた結果…私は思った。

 

映画メッセージの異星人の宇宙船に似ている!!

と、めっちゃ心の中で叫んだ。

 

メッセージ [AmazonDVDコレクション]

 この映画の中で高度知的生命体である異星人が使う「文字」にも注目してほしい。

円を中心に高度な法則性を詰め込んだ「一見すると簡単な図」みたいな文字なのだ。

カタカムナに似ている…ともとれるのだよ。

カタカムナはこんな文字

響かせて自然を動かす カタカムナ[ウタヒ80首]カード ([バラエティ])

響かせて自然を動かす カタカムナ[ウタヒ80首]カード ([バラエティ])

 

まーカタカムナについては

本当に日本最古の古代文明文字か?って部分は半信半疑ですが

発見者である物理学者・技術者の創造物だとしても

とても興味深い法則性と内容になっております。

他国の古代文明が「宇宙、星の動き」といういわばマクロ視点から

宇宙の法則性を探っているのに対し、

カタカムナに書かれている内容は「ミクロ~量子」目線で

この世の法則性を語っております(すげー気になる)

 

んで、カタカムナに登場する

この神の名が語っている内容がこれまた面白いのです。

 

それは次回に(^^)~つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村