プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【フォード×英国 史】コルチナ⇒ シエラ⇒ モンデオvsTOYOTAピクニック(GT3#14-2)まで

さらば愛しきモンデオ フォードでたどる英国史

このタイトルだけで、なぜリチャードがTOYOTAピクニックを

ハンマーでたたきつけているかわかってしまうはず・・・

フォードのモンデオ生産終了を受けての「フォード史特番」も後編だよ!

 

 

◆グランドツアー3#14のフォード特番はこちら

 

 

◆グランド・ツアーってどんな番組や?って方はこちら

 

 では、前回の「フォード・コルチナの凄い販売戦略」の続き行きます。

 

 

英国中を魅了したフォード・コルチナ(前回のおさらい)

前回かなり力を入れて

コルチナについて番組をみて「すごい!」と

思ったところを書いたので是非読んでほしいっす。

 

(リンク貼る予定)しばしお待ちを

 

コルチナからシエラへ~シエラRSコスワース

英国を魅了したコルチナですが1982年に生産終了

その後、フォードが力を入れて売り出したのが「シエラ」!

 

f:id:mousoumajyo:20200110140129j:plain

※GT3#14より

 

どうでしょうか?

私は、はっきり言って

「なんだ、この超ダサいデザイン!?」って

ビックリしました。

(画像はシエラRSコスワースだよ)

 

最初にファミリーカーとしてシエラを出した時

デザインも性能もイマイチで人気が出なかったそうです(^^;)

やっぱりね、そうだよね。

 

そこでフォードが「シエラを人気車にするため」にとった作戦

やっぱり「高速モデルを出してレースに出よう」だった。

 

1986年525馬力・240kkm/hまで出せる

シエラRSコスワースで勝負に出る!

 

イクソ 1/43 フォード シエラ RS コスワース 1987 ホワイト

イクソ 1/43 フォード シエラ RS コスワース 1987 ホワイト

 

やっぱり・・・速くなってもデザインは・・・

かっこ悪くない?

と思ったんですが実際に走ってる姿はまるで違うのです!

 

f:id:mousoumajyo:20200110141128j:plain

※GT3#14より

 

急にかっこよくなるっ謎の変貌ぶり!

レースで走る姿はめちゃくちゃかっこいいのです。

 

コーナリングとかヤバい

巨大なリアウィングがダウンフォースを生み出すのさ。

BMWフェラーリもビックリの走りで

レースので勝率84%というモンスターカーに!!

 

f:id:mousoumajyo:20200110140757j:plain

※GT3#14より

 

やっぱり・・ただ停車している姿はイケてない(^^;)

 

シエラ人気が高まった故の終焉

シエラRSコスワースのレースでの活躍で

シエラの人気は高まる。

 

ところがその人気は思わぬ現象を招いてしまうのです(;;)

80年代は車の盗難が増えていた時代

そんな中でシエラは窃盗団の標的となり

盗難率は他の車の5.5倍に達するまでに(涙)

 

もともとシエラのロックシステムが破りやすかったこともあって

シエラの人気と相まってかっこうの標的となってしまったという・・・

 

しかも当時のシエラ窃盗犯たちは

駐車場で待ち伏せして

シエラ所有者を襲って奪っていくことも多かったそうで

シエラを持つことは「危険」であり

窃盗団に狙われているため保険料も高くなり

結果、シエラを買う人がいなくなる・・ということに。

 

1993年シエラ生産終了

 

フォードワールドカーの時代へ:モンデオSTエステー

シエラの後

フォードが世界シェアの拡大をめざし

世に送り出したのがこちら

f:id:mousoumajyo:20200110142813j:plain

※GT3#14より

 

珍しいことに

グランド・ツアーのMCおじさん3人が

全員「いい車、好きな車」と声をそろえる名車です。

 

  • V8エンジン
  • 200馬力
  • トップスピード240km/h
  • 100km/hまで7秒
  • 中も広々余裕のファミリーカー

 

ところがフォードがワールドカーを開発している間に

日本から英国市場を狙う刺客が・・・

 

モンデオにライバル登場!世界最初のMPVトヨタ・ピクニック

f:id:mousoumajyo:20200110143603j:plain

※GT3#14より

ジェレミーたち英国の車好き紳士たちは

このトヨタ・ピクニックを見た時

「なんだこのダサい車は??」という評価だったようだ。

 

「背も高いし、もさい」という印象で笑っていた。

ところが彼らが笑う、この背の高い車が

英国の人々の心を掴んだのです(どうだ!!)

 

そして他社もこの背の高い車を真似しだしたのです。

やはりトヨタはすごい!

見た目やステイタスシンボルではなく

運転する人の相棒としての車の快適性を追求したのだ。

 

  • 運転しやすさ(姿勢や視界の広さ)
  • 車内の広さ
  • 移動が楽しくなるプライベート空間

 

ライバル車の登場に加え

英国政府が社用車への課税を決めたことで

フォードはレース&レースカーに力を入れるようになったのです。

 

フォード栄光の時代から現在の世界車市場

f:id:mousoumajyo:20191222174452j:plain

※GT3#14より

 

今の車市場はどうなっているかというと

中国の自動車生産の勢いが半端ないっす!

 

とはいえ、

そんなに中国車メーカーの名が聞こえてこないのは

私が情弱だからなのか・・

 

中国はEV車で今後自動車業界を引っ張っていく存在になるんでしょかね?

 

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生

 

 

 

 

日本車よ、頑張れ!!!!

 

車業界の技術も向かう方向が多様化しており

各社がそれぞれ得意な方向だけをのばしていくのかもしれない。

 

では、また~★

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

 

 

 

 

 

日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)

日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 (文春新書)