プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【ホラー映画が好き・独女深夜映画部】「ウィジャビギニング」少女の演技が凄い!

お題「最近見た映画」

f:id:mousoumajyo:20180821095311j:plain

ホラー映画が小さいころから好きなプロ独女みつまるです。

ホラー映画見てると脳が活性化しすべてから解放されたような感覚あるわぁ

ということで深夜映画部の活動報告っす。

 

 

昨夜観たのはこちら!

「ウィジャビギニング」

完全にジャケ買いならぬ

パケ選です。

アマゾンプライムビデオで見られます。

 

ウィジャ ビギニング ?呪い襲い殺す? (字幕版)

 私は知らずに見てしまったのですが

どうやらこの映画はコチラの映画の続編(続編というか前章らしい)

呪い襲い殺す [Blu-ray]

こっちが先に制作公開され

その後、過去の話として「ウィジャビギニング」が公開されたようです。

 

では映画部活動報告を書いていきます。

ちょっとネタバレありになってしまうかも?

できるだけ気をつけます。

 

 

インチキ降霊術で生計を立てる母子家庭

すごく、いい方が悪いのですが

パパを事故で亡くしてしまった

ママと姉妹の3人の母子家庭の家での出来事がメインの映画です。

 

母親が降霊術で家計を支えていますが

その実態は

子供2人を使って

モノを動かしたり

トリックを仕込んでインチキ霊媒師。

 

ただ悪徳霊媒師というわけでもなく

愛する人のシによって悲しみにくれる人に

「少しでも救いを」との想いでやってるようだよ。

 

幼い妹のドリスはもしかしたら

降霊術のセンスがもともとあったのかも?

 

 

ウィジャボードにより次女が覚醒

姉が友人宅で遊んだウィジャボード

そんなウィジャボードを母が自分の商売の小道具にと買ってきます。

 

母はさっそくウィジャボードに磁石を仕込んで

細工をはじめます。

 

亡くなった父親が恋しくて

お話がしたい9歳の次女ドリスは

ひとりでウィジャボードをはじめます。

 

ここからドリスは覚醒していきます。

 

家に隠されていたおぞましい秘密

 

家に隠されていたおぞましい秘密が

ドリスを通して明らかになっていきます。

 

まー昔ならこんな事もあったのかもしれない・・

と妙に現実味もあるおぞましさなので

ちょうどいい線をついてきます。

 

このあたりからドリスの演技が凄みを増していきます。

本当にこの少女があの演技を・・・と思うレベル。

 

映像の特殊加工もあるのですが

かもし出す雰囲気が

中身別人なんですよね。

 

この世とあの世に境目はない

肉体と魂が一体化している「この世」の世界と

魂だけになった「あの世」の世界は実は境目自体ないのです。

 

視力がいい人が視力の悪い人より見えるように

聴力にいい人がより音を聞き分けられるように

感覚の優れた人には境目なくふれられるのかも。

 

ウィジャボードによって

感度の低かった人もあっちの世界に

繋がって戻れなくなってしまうのかも。

 

ウィジャボードは日本でいうこっくりさん

降霊術からきているモノなので

ふざけてやらない方がいいですよ。

 

 

私が気になったドリスが訴えた首の痛み

 

ここからはちょっと本気のお話いきます。

原作と原作者が誰かわからないこの作品ですが

私が興味深いと思ったエピソードが1つあります。

 

ネタバレも大いにあるので以下はそのつもりで

読みたい人だけよんでね。

 

ドリスが首の痛みを訴えるのです。

そして首の痛みを訴えた後に

身体をのっとられます。

 

これね、霊感が多少ある人だとわかると思うんですが

念の強い人の側や近くにいる時や、

この場所やばいって思う時

首の後ろ・・・まさにドリスが痛がったところが

痛くなるんですよ。

痛いというよりすごく重くて辛くなる感じ。

 

だから、このドリスの演出観た時に

「あっ!」って思った。

 

まーそういうたら

貞子が起こす心臓発作も霊感ある人なら納得なのかもしれない。

 

とになく

自分の中で

「私だけじゃないじゃん」的な嬉しいような?

ホッとするような変な感じも味わえました。

 

 

首の後ろが重くなる時は

その場を離れるか

注意したほうがいいよ。

※怖がらなければ肉体ある方が圧倒的に有利で強いので大丈夫。

エネルギーの強弱だから結局、ただ恨みの念は恐ろしいほど強いから

そこは肉体あってもやましい気持ちある人は弱いかも。

 

 

では、また~プロ独女みつまるの映画部活動報告でした~☆

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村