プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【婚活界の栄枯盛衰】婚活界全員が評論家現象&婚活ブログ界はリアルと創作と混沌

お題「わたしの黒歴史」

f:id:mousoumajyo:20181011182759j:plain

どうも~40代プロ独女みつまるです。42才になったどぉーーー!

私も「婚活市場にダイブして荒波にもまれた」よき人間修行期を持っているので、

婚活を中で見てきたし、今は外からも観ている。

なんか最近・・・婚活界の異変を感じております。

 

 

なんとなくですが

みんな冷静になってきている気がしております。

と、同時になんとなく「婚活界」は衰退期に入ってきており

形を変えそうな雰囲気・・・。

 

昔の結婚相談所や仲人さんと

家と家の縁を結ぶ思考の方の場はそのままこのままでしょうが

大きな人の流れと意識は変わってきているのかな?

 

完全に独女の個人的見解であり

ひとりごとですが

思っていること書いておこうと思います。

 

 

一般化することで市場は荒れ衰退する

 

団塊ジュニア、またはその周辺世代が

30代40代で独身、未婚っつーことで

「婚活界」が一気に盛り上がったように思える。

 

大人になるほど生活は固定化され

仕事中心の生活になるほど

出会いは無くなるからね。

 

出会いを提供する、

出会いの場を提供する、

サービスは昔から需要はあったけど

「出会い系」「援助交際」「好きモノ同士」「体の関係目的」

といったイメージ。

 

そこに「婚活」「恋活」を目的と高々にうたって

FBやmixiでネット上の交流、ネット上での自分発信に慣れ親しんだ時代にのって

「出会い系アプリ」が明るいイメージで浸透。

 

宣伝戦略が成功して

恋活・婚活の出会いを期待した人が殺到!

⇒人が集まる場ができる

⇒人の集まる場に更に人が集まる

⇒集まる人の目的は多様化する

 

今は「ねほりんぱほりん」にもあるように

恋活・婚活目的の人は少数派で

肉食系の人のいい狩場・モテる自分ブランディング

飯モク・ナンパ師・詐欺師など

とりあえず数こなす効率化を計る人の狩場なのかも。

 

プラットフォームビジネスとしては

人の本能的欲に直結した場なんで

形は変わっていくだろうけど昔の出会い系掲示板の時代から

無くならないし、確実に人が集まる最強のモデルかも。

 

一般化して参加者が増えることで

結局は「恋活・婚活」目的の場ではなく

昔の「出会い系」のようになって落ち着く予感。

長期的な関係ではなく、「短期の関係」目的がやはり主流になりそう。

 

まー変化することはいいことだし、

人は人と繋がりたいものですからね。

 

あと、大勢の中で人の興味をひいて自分を売り込む

マーケティング戦略がより必要になっていくのも

ゲームの難易度があがり、

圧倒的勝者と負け続ける弱者を生むところも結局リアルな社会の縮図ですな。

 

 

真面目に暮らしていて、

職場と家と決まった友人の中で

異性との出会いがかいから・・という人には

向かない世界になってきているよね。

 

 

自分の魅せ方、売り込み、人の欲や願望への反応など

戦略が必要で「ずる賢さ」に磨きをかけねば勝てません。

 

逆に色々な戦略を練って試すのには向いているかもしれません。

 

戦略にたけた、ずる賢い猛者たちが

獲物を待っている狩場という意識をもって

挑めばエサにはならずに済むし

人生の学びができるかもしれません。

 

 

SNSやネット上でみんな評論家になる婚活界

 

私自身も婚活期からtwitterや婚活ブログのアカウントフォローしてたんですよ。

 

婚活界はみんな評論家現象中です。

  • 婚活している女性は出会った男性の評論を書き
  • 婚活男性も出会った女性の愚痴を書き
  • 婚活コンサル、婚活アドバイザーという肩書の人たちは何故か?婚活民に苦言を呈すという型で婚活している男女をディスる
  • 婚活していない人たちは「婚活している人」を「需要のない奴らのもがき」と見下し気味

み~~~~んな、評論家になってしまうこの現象はなんなんでしょうか?

 

褒めてのばそうぜ~!

アドバイスも自尊心を傷つけたり、人間性まで否定したら

人の心は閉じるか壊れてしまうで!!!!

 

なんで、みんな人を見下すんだ?

男は女をバカにし、女は男をバカにしている・・・・

いい関係生まれるわけねーじゃん。

 

ここなんですよね、

婚活に関わるこういった総評論化ダメだしディスり現象が

SNSで拡散されていくにつれ

「婚活こえーな」

「結婚して得なことあるの」

「結婚してもバカにされ続けそう」

「評論、悪口、愚痴ばかりあふれる婚活の世界って・・」

ってなる気がめっちゃするのは私だけでしょうか?

 

まー私も人のこと言えない性格の悪さ持ってるんで、

愚痴も悪口も言う事あるんですけどね。

人の自尊心ぶっ壊しちゃダメよ~は思うわけ。

 

評論してもいいからさ、

ダメだしよりも

「こうしたら相手は喜ぶんじゃないかしら?」とかどう?

 

 

婚活ブログ界はリアルと創作と混沌と

 

私も婚活ブログ書いてたんですよね。

婚活は孤独な活動ですから

まー仲間欲しい気もあったんですよ~。

 

婚活ブログを読むのも好きで

「みんな色々頑張ってるんだな」と思ったものです。

 

そんな時この投稿読んだんですよ。

branet.jp

 

そんで、「あっ?!」と思ったのです。

なんとなく感じていた違和感。

 

私も婚活した女なんで

ある程度共感したり、そうよね~なんて思うこともあるんですが

  • どうも・・・第三者目線の文章感あるなぁ
  • 1度デートしただけの相手をこんなに何十ものエピソードに分けてかけるものなのか?
  • そもそもデート中や人と会っている時に事細かな相手の言動をここ真で詳細に記憶しているもんだろうか?
  • どうも書いている人の感情が見えないなぁ

 

って不思議に思うブログも多いんですよ。

女性って感情的な生き物ですから

もっと自分の気持ちが文章でも前に出ちゃうんですけど

どうも「小説」っぽい引いた目線を感じるな・・って。

 

そんな中、私が愛読していた婚活ブログが創作騒動後に休止してしまった。

婚活ブログを検索すると

「創作でOK 婚活ブログのライター募集」っつーお仕事募集ページまで

出てきますからね。

 

ネットの中の情報って

元から玉石混交ですし、

創作も嘘もねつ造も多いんで

情報の受け手の自己責任と自己判断ですけど。

 

 

創作でもエアでも商用でもいい!

婚活が楽しくなるようなブログお願いしたいっ

最近読んだ人気婚活ブログはちょっと背筋凍りました。

多くの方が「創作」と思って読んでいるようで

内容の割に外では話題になっていないのもなんか凄い。

 

 

でもヲチ掲示板とか見ると

婚活ブログの需要って「希望」とは真逆側にあるのかもしれないですね。

婚活ブログに期待されることや読み手からの需要って

「残念」な部分の方が多いのかな?

 

 

婚活ブログ界は今後、創作ブログ増えそうですね。

でもみんなどこかには自分の実体験や想いが入っているんでしょうけど。

「読ませる文章」書けてブログに多くの人に読まれるコンテンツ制作できる

その才能はうらやましいっす、素直に。

 

今後の婚活界はいったん落ち着いて

変化しそうな気配を感じます。

 

婚活は関係の浅い人と

2人でデートもどきの時間を過ごす中で

探り合いもしなければならないので

なかなかコミュ力鍛えられます。

関係の浅い人といきなり二人で楽しい時間を過ごせたら

なかなかの奇跡ではないでしょうか?

 

人間的にいろいろな人に会って数時間お話するだけでも

まったく違う価値観に触れることができて

勉強になると思った。

 

めちゃくちゃ疲れるけど。

 

 

評論家と査定官が増えたので褒めと認める人の時代がくる

 

評論家と査定官とダメだし教官ばかり増えたので

もうそろそろ

婚活界にも「癒し」の時代くるんじゃないかしら?

 

イイところを褒めて、認めてくれる人があふれる時代が!!

きたらいいよね。

 

みんな頑張って生きてるんだもの。

否定されるよりも

受け入れられたいし、

イイところを褒めて欲しいよね。

 

自然界の法則によって

変化することはわかっているので

どう変化するか?

今後に期待と注目です。

 

男女が無意識レベルでお互いを尊敬して認め合えたら

世の中もっと面白くなると思うんだけどなぁ。

 

やっぱり目標に向かって走っている人同士が

走っている途中で出会う方が意気投合とかお互いを認めやすいのはあるかもね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村