プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【トートと私】エメラルド碑板の旅 (91) 地球の主・ウナルの住者 2

トートや日本の神々と同じように

ウナルの住者も「いくつもの顔」を持っているようです。

 

 

アトランティス時代の「地球の主=ウナルの住者」について

トートはこんな風に述べている。

その特徴(?)を箇条書きにしてみると

  • その御身は永劫より永劫にと、夜の暗黒を通して まばゆく輝く光として美の中に存す
  • 力、強大にして地球生まれの者らを支配
  • アトランティス時代の「地球の主」
  • 国々の王
  • 智恵の聖師(マスター)
  • 道の管守者
  • ウナルの支配者

この「地球の主=ウナルの住者」は

アトランティス時代の『地球の光』として

己が寺院(天空の宮殿)に住んでいた、というのです。

 

う~ん、「太陽」(~太陽人)のことを示している気もするが

太陽そのものというよりは、太陽の分霊的な存在っぽい感じだよね。

だから「月」が気になるのかなぁ。

 

ちなみに、トートがいう「美」とは

  • 秩序
  • 調和
  • 宇宙の法則

のことを指しております。

 

あなたには「ウナルの住者」の正体見えてますか?

 

古代の原始太陽信仰って

世界各地で共通であり

地球人を統べていたんですかね?

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村