プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本経済・社会の変化】GO!GO!タックスヘイブン~拝金主義・イライラ化社会の謎⑦

f:id:mousoumajyo:20191209182314j:plain

※BBAこと私はSPEED好きだよ(最初に言っておきたかったこと)

90年代・バブル崩壊後からアメリカ式経済洗脳が日本を侵食しはじめ、

日本の経営者の意識が変わり、何が起こったか?

 

 

「人件費も税金もできるだけ払いたくない」日本の経営者に

 

外資コンサルティングファームMBA留学者が提案した

法的に違法ではないので白+倫理的には黒=グレーなスキーム

f:id:mousoumajyo:20191209181151j:plain

 

これらがどんな手法なのか

私が理解したモノをイラストにして

ここに貼っていきます。

 

 

ここまでの謎解きの流れ①~⑥復習

 

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

 

⑥のリンクは後ほど

 

今日はパナマ文書でも話題になった

タックスヘイブン」を活用しまくったグレースキームを

具体的にどんなもんか?

を突っついてみたいと思います。

 

Go!Go!タックスヘイブン・初級編

どんなことが行なわれていたかを見るために書くのであって

この方法を推奨しているわけではないのでご注意ください。

 

私的には「グレースキル」ではなく

「悪魔的真っ黒スキル」だと思っております。

あとは、あなたの判断で。

 

もっとも理解しやすいのは

「こちらの本を読むこと」です。

 

現代洗脳のカラクリ

現代洗脳のカラクリ

 

 この本を読んで私が理解できたことを

サクッとイラストで並べていきます。

 

f:id:mousoumajyo:20191209183855j:plain

書類上、海外タックスヘイブンの地に会社を造るわけです。

書類上「登記済」なのでペーパー・カンパニーって場合も(ってか、ほとんどか)

まー書類上その地に会社があればいいのです。

 

【ポイント!】

下請け法律事務所は委任状を出した企業には

完全匿名を保証するので、企業は安全らしいよ。

何よ、安全って!?

 

会社ができたらガンガンその会社を活用します。

f:id:mousoumajyo:20191209184037j:plain

 

タックスヘイブンに作った会社Aへ「支払い」として送金をする。

モノの受け渡しと無関係な経費が最適

 

情報、知的生産としての「コンサル料」・・・便利ね

この部分を切取って利用している人達・・・いません?

 

日本の税務署も海外の会社の金の流れまでは追えないって

点を突く手法のようです(--;)

 

でも、このタックスヘイブンの登記しただけ会社の

もたらす効果はものすごいのです。

f:id:mousoumajyo:20191209185128j:plain

本の解説では

「たとえば、香港上海銀行HSBC)のスイス支店に作った口座」

となっていたよ。

 

まとめると効果はこんな感じ

 

f:id:mousoumajyo:20191209185522j:plain

 

所得隠しやんけ!

893や闇系の方々の「資金洗浄手法やんけ!」

と思ったのは私だけじゃないはず。

 

これ、初級なんで先にすすむぜ。

 

Go!Go!タックスヘイブン上級編:知的財産権タックスヘイブン

ここからは上級編(?)です。

私が上級編と思っている手法の方ね。

 

f:id:mousoumajyo:20191209190003j:plain

経済空間の胴元・力ある人達は

ホントに「〇〇権」っていう権利を造って

そこに金を生む仕掛け仕込むの好きよね(^^;)

 

ここからは、

あんまり説明したくないんで

小走りで行くわよ。

 

その名も【ダブル アイリッシュ with サンドウィッチ】

注※リンゴはかじられておりません

f:id:mousoumajyo:20191209190149j:plain

 

f:id:mousoumajyo:20191209190329j:plain

 

タックスヘイブン アイルランド オランダ

をフル活用するのよ。

 

世界で活躍する大元企業(このイラストだとリンゴ企業)の

世界中の売り上げをC社に入ってくるようにするの。

 

C社は売上よりも多額のライセンス料をB社に支払うので

常に赤字にするのがポイントらしいわ。

赤字にしとけば税金発生しないからだとよ。

 

そんでB社はタックスヘブンのA社にライセンス料を流していくのさ。

あとは初級編を参考にその後の流れは追ってみて。

 

もう賢さの「ズル度」への振れ方がえげつないぜ~

ゲ〇吐きそう。

 

だからやっぱり893とかマフィ〇さんたちの

資金洗浄に似てない?

大元会社のビジネスが違法かどうかの違いか?

 

大企業ほどこれをやっているとしたら・・・

もう、わかるね。

なぜ個人の税負担・社会保障負担はどんどん増やされているのか?

「景気が良くなっている」と政府が言ってるのに

法人税収は伸びないのか?

 

パナマ文書で名前が挙がった日本企業が

現代洗脳のカラクリの中に書かれておまっす。

 

そうそうたる企業が並ぶ。

まーそうだと思ってたけどさぁ・・

 

こうして企業が従業員の給料はできるだけ削り

グレーな節税(ほぼ脱税)に精をだし

内部保留ばかりしているので

日本経済の消費活動が活発化することは無いのです。

 

それどころか、

人々は安さと最高のサービスを同時に求め

拝金主義の中で「金を払う=神様」意識が

傲慢で暴力的な殺伐した社会を深刻化させているのです。

 

日本の労働者は安い賃金で高い生産性を求められ

精神も削られどんどん心身共に壊れていくという地獄へ。

 

桜を見る会」は連日メディア・マスコミが取り上げますが

パナマ文書の時はさざ波程度の報道だったのはなぜか?

 

もう、わかるね。(←お気に入りの言い回し)

 

もっと大事な「知っておくべきこと」と「警告」

あるのでまだ先に進みます。

謎解きの道は長い。

 

でも、今日はここまで。

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

巨大企業は税金から逃げ切れるか? パナマ文書以後の国際租税回避 (光文社新書)

巨大企業は税金から逃げ切れるか? パナマ文書以後の国際租税回避 (光文社新書)

  • 作者:深見 浩一郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/04/18
  • メディア: 新書
 

 

 

権力に迫る「調査報道」 原発事故、パナマ文書、日米安保をどう報じたか

権力に迫る「調査報道」 原発事故、パナマ文書、日米安保をどう報じたか

 

 

 

 

失われた国家の富:タックス・ヘイブンの経済学

失われた国家の富:タックス・ヘイブンの経済学

 

 

 

パナマ文書ずるい税金逃れ 週刊エコノミストebooks

パナマ文書ずるい税金逃れ 週刊エコノミストebooks

 

 

 

<税金逃れ>の衝撃 国家を蝕む脱法者たち (講談社現代新書)

<税金逃れ>の衝撃 国家を蝕む脱法者たち (講談社現代新書)