プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【車が面白い!】グランドツアー1#13 華麗なるドリフト~両腕の無い青年と13才のドライバーの実演に驚く

グランド・ツアー シーズン2 予告編 (字幕版)

車なんて移動手段くらいの認識だったのに・・・

すっかり「車好きおっさんず3人」のせいで

車の面白さにはまってしまった私です。

高性能機械としてマシーンとして人の造った怪物として

めっちゃ面白いよ!!

 

 

今回は最近一番「マジかよ!」って感動した

華麗なるドリフトドライバーたちが見せてくれたドリフト走行に

ついてここにφ(..)メモメモを残しておきたいと思います。

 

グランド・ツアー シーズン1の最終話#13の

後半に出てくるのですが

マジでドリフトのところだけでも観て欲しい!

めっちゃ面白いよ

 

 

 

今回の走りには

私も今まで以上に大興奮でした!

面白さが伝わるといいな。

 

 

「ドリフト」という言葉にいいイメージがなかった私

最初に言っておくと

もともと車に興味はなく、

「運転怖い」派のペーパードライバーだったので

「ドリフトなってやる奴は(--;)」的な

偏見が正直いってありました。

 

ヤンチャでオラオラ系の車好きがやること・・

みたいな漠然としたイメージを持っておりました。

 

そんな「ドリフト」に対して

マイナスイメージしかもっていなかった私が

3人のドライバーによるドリフト走行を観て

「すげー!マジでかっこいいじゃないかっ」

ってなったんです。

 

ミシュラン チーフ・タイヤテスターの走りが芸術!

f:id:mousoumajyo:20191126180915j:plain

※グランドツアー1#13より

 

たぶん、一番最初にこのミシュランのチーフの芸術的な走りをみたからこそ

「ドリフト」のイメージがガラッと変わったといってもいいくらい華麗な走りだった!

 

芸術的な曲線を描いて走行するんですよ。

力加減が均一だからなのか

規則正しく美しい走行線を描くのです。

 

ミシュランの広大なテストコースで

ミシュランのチーフタイヤテスターのジェローム・ハスリン氏が

大きな円を一周描くドリフトから

交互にドリフトを続けるトランジショニングを見せてくれます。

 

■ジェローム氏の親近感ポイント!

実は今回のドリフト企画はリチャードが「ドリフト」を

マスターするためのもの。

 

ジェローム氏はリチャードにドリフトを教える先生役なのです。

リチャードが運転する車の助手席に乗り込んでコツを教える師匠ですが・・・

何度もスピンするリチャードの運転に、

車酔いしてゲ〇ってしまうのです!

 

ジェローム師匠っ

お気持ちよくわかります!

※私も車酔いしやすい

 

そう、ドラフト走行といっても

上手な人がやる分には綺麗な動線を描くので

力がグワングワン多方向からでたらめに攻撃してこないのである。

故に師匠は自分のドリフト運転にはなれているが

ドリフト素人の運転で振り回される感覚にやられてしまったのだ。

 

とりあえず師匠のおかげで1日の特訓で

コツを掴んだリチャードが2人のドライバーと競技することに!

 

リチャードとドリフト競技で闘った2人のドライバー

ライバルを待つリチャードの前に現れたのは

意外な2人のドライバーだったのです。

実際の登場シーン

f:id:mousoumajyo:20191126182404j:plain

※GT1#13より

 

リチャードも登場したライバルにびっくりしてた。

ひとりは両腕が無く、

もう一人は子供じゃないかっ

ってビックリすると同時に自分の勝ちを確信したようです。

 

私も思った。

両腕が無い状態でどうやってドリフト運転の操作するんだ??

子供の方は「そこそこできる子」なのかな??

 

両腕のないドライバーの華麗なるドリフト走行

その運転スタイルをみて

更に「ホントに大丈夫かよ!?」って思った。

だってこうなんだもん・・・

f:id:mousoumajyo:20191126182918j:plain

※GT1#13より

 

足でハンドルを操作し

肩の動きでギアを操るんだぜ!

でも、でも、でも

ドリフト走行でっせ

 

アクセル操作がキーですが

ハンドル操作の微妙な調整加減とか

肩でギアとかもう全然どんなもんかさえ想像できん。

 

■ドライバー:バルテック・オストロフスキー

彼は生まれつき両腕が無いのではなく、

バイク事故で両腕を失ったそうです。

 

だったら余計に運転怖くなったりするんじゃ・・・

とBBA心なりに心配しておったのです。

 

ところが走り出したらその大胆なハンドルさばきと

華麗な走行にビビった!

f:id:mousoumajyo:20191126183541j:plain

※GT1#13より

伝わりますかね?

コース対してエグイ角度になっている

彼の運転する車、この凄さ。

 

ドリフト競技は上の画像でも確認できますが

コース上に多数おかれたクリッピングポイントのコーンに

いかに近くすれすれを走るかで獲得ポイントが決まる。

 

倒さない程度にかすったら

最高得点なんだって。

 

彼の走りは30点満点中22点でした。

すごく華麗なドリフト走行だったよ。

 

13才ギリギリを攻めまくる超絶ドリフト走行

もうKAT-TUN以来の「ギリギリを攻めまくる少年」に出会ったね。

この13才の攻め方がエゲツないんですよ。

 

しかも笑いながら余裕でギリギリを攻めてくるの!

先ほど説明したように

クリッピングポイントのコーンを

「倒さない程度にかすったら最高得点」、

これを全部のポイントでかましてくるのです。

 

倒したら0点ですぜっ

 

f:id:mousoumajyo:20191126184626j:plain

※GT1#13より

 

わかえいますかね?

これエゲツないギリギリ攻めて走行してるの

後輪なんて白線上にあるしよぉ

 

更に彼の描く弧

f:id:mousoumajyo:20191126184814j:plain

※GT1#13より

こんなん映画カーズで見た!

実写で見られるなんて(;;)BBA感動だぜ

 

恐ろしいのは

この彼の車・・・フロントガラスにヒビ入ってるんですよね・・・

クラッシュを超えてのこの技巧なのだぁとしみじみ。

やっぱり経験を積んでのこの攻めなのだ。

 

ドリフトへの偏見が消え、むしろ尊敬し始めた

ドリフト選手ドライバーたちが言うには

コツはアクセル操作が鍵!

あとは観客を楽しませること!

 

観客を楽しませること・・・だど・・・

あんたらプロやっ

そんな余裕あるんか(;;)

人間の持つ可能性に震えた。

 

人間の経験と感覚で

ここまで車を操れるのかぁぁ

そして観客を楽しませる走行を意識しているなんて

いつも自分のことしか考えない自分を叱りたい!

 

めっちゃ面白いし

ここまで綺麗な線は観たことないので

是非みてみてね~

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村