プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女の学び】100億人の食糧危機:インドに起きている食肉をとりまく変化

f:id:mousoumajyo:20191024170814j:plain

国力とは結局は国民力なので「人口が多い」「人口が増加している」というのは

その国が「パワーみなぎる強い国」である証拠。

そんなパワーみなぎるインド12億人の食の変化が

世界の食に大きな影響をもたらす可能性が・・

 

 

ということで

「今既に起きている変化」を見ていきましょう。

なかなか鬼気迫る状態なのです、私達への影響が・・。

 

 

 私が観た今後訪れる世界の食糧危機の問題を

「今、世界の食糧生産現場で何が起きているのか?」という面から

追ったドキュメンタリーがこちら

 

今日は肉好きな人は知っておくべき「世界の食」の変化に触れていきます。

 

 

「100億人の食糧危機」ここまでのおさらい

 

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

dokujyolife.hatenablog.jp

 

かなり鬼気迫る今の現状を

知ることができるはずです。

 

今日は「肉」世界の食肉がどうなっているのか?

どう変わっていくのか?

を見ていこうと思います。

 

肉好きな方は知っておいた方がいいですよ。

 

人口12億人を超えたインドの食事情

インドはベジタリアンの多い国。

人口の40%は全く肉を食べないと

ドキュメンタリーでは語られています。

 

私が観た1日10万食を無料提供している

インドの寺院のドキュメンタリーでも

確かに食材は野菜と穀物ばかりでした。

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

ベジタリアンが多い理由は

  • 宗教上の理由で牛や豚を食べない
  • 鶏肉やマトンは食べられているが値段が高め

このような点が大きく作用しているようです。

 

でも今、インドの食肉文化が大きく変わりはじめているというのです。

肉を食べる人が増えてきている!?

 

インドに入ってくる養鶏業者、西洋式農法

土地もあって

労働力もあって

競合がいない

生産コストが抑えられる

 

となればどうなるか?

もうお分かりでしょう(^^;)

 

肉を大量消費する先進諸国の食肉産業が

自分たちの生産方法を携え乗り込んでくるんです!

 

◆ドイツから養鶏業者がやってきた!

 

彼らが持ち込んだ西洋式農法・生産法により大きな変化が!

ドキュメンタリーで取材されたインドの工場の現状

  • 週700万頭のチキンを出荷
  • 世界で10番目の出荷量
  • インドではトップ
  • 1997年から急成長をはじめ、多くの農家が参入しはじめている
  • 毎年20%の成長率

 

ドイツ企業と提携し、彼らの持ちこんだ生産システムを

受け入れたこの工場経営者はインタビューでこう語っている。

 

「25年前に創業した時は10~20羽の鶏を売るのも難しかった。

今は100万羽近い鶏を毎日生産し完売している」

 

急激な変化だと思いませんか?

「売れる」という基盤ができたことで

彼らは世界でも有数の「生産力」を手にしたのです。

それが今のインドにあるんです。

※ここポイント!

 

インドで生産された鶏肉の行先

■問題です

インドの この工場で生産される週に700万羽の鶏肉は

どこで消費されているのでしょうか?

 

(ヒント)

  • インドの人口の40%は全く肉を食べない
  • 25年前は1日10羽売るのも苦労した
  • 今や1日100万羽の鶏肉が完売する
  • 鶏肉大好きな国ってどこ?

 

もう、わかるね。

【答え】インドでの消費は少ないが、

アメリカが大量に消費する

 

アメリカの国内で消費される

もしくはアメリカの食品企業が加工販売するための

安くて美味しいチキンを生産しているのです。

 

古くからの先進諸国の

安くて美味しい肉の大量消費を支えているのは

インドをはじめとする他国というコトは・・・

 

インドの12億人が肉を好んで食べるようになったらどうなる?

インドの人々が牛や豚を食べないのは

こうした宗教上の理由が大きいのですが

この理由をよーくみれば

ということではないか!?

 

しかもインドの人口における信者その割合は

人口12億人で計算してみると

鶏肉をたべていいのは12億人なのだ。

 

そして西洋式の食肉大量生産システムのノウハウも

工場も今のインドにはある。

 

もし今は肉を食べていないインドの人たちが

肉を好んで食べるようになったらどうなると思いますか?

 

国内で大量生産・大量消費のサイクル循環が円滑に回るようになって

国内循環で閉じてしまったら??

 

人口増加の勢いも

経済成長の勢いもあるインドが

鶏肉販売をあげていったら?

 

私たちがスーパーで安く肉を購入できる環境を維持できるでしょうか?

 

こうして食糧問題を見ていくほどに

自国での食のサイクルが非常に大事というコトがわかります。

輸入に依存する怖さが。

 

できることから何かはじめないと。

とりあえず日本の食生産者を応援するためにも

国産の食材をもっと意識して買おうと思います。

 

2050年には100億人になると思うと怖い(><)

食糧サイクルが小さく閉ざされていく予感。

 

では、また~

次回はインドに養鶏システムを持ちこんだ

ドイツの西洋農法をチラッと(手短に)覗きつつ

世界中に持ち込まれた西洋式農法の現状をお伝えします。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

エネルギー・水・食糧危機 (別冊日経サイエンス 171) (大型本)

エネルギー・水・食糧危機 (別冊日経サイエンス 171) (大型本)

 

 

 

食糧危機にどう備えるか―求められる日本農業の大転換

食糧危機にどう備えるか―求められる日本農業の大転換

 

 

 

なぜ世界の半分が飢えるのか―食糧危機の構造 (朝日選書 (257))

なぜ世界の半分が飢えるのか―食糧危機の構造 (朝日選書 (257))

 

 

 

食糧クライシス ―世界争奪戦と日本の農業―

食糧クライシス ―世界争奪戦と日本の農業―

 

 

 

世界の食糧危機を救った男―稲塚権次郎の生涯

世界の食糧危機を救った男―稲塚権次郎の生涯